Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

キリキア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キリキア
Kilikia; Cilicia
小アジア南東部地中海沿岸を占める古代の地域名。現在のトルコ共和国の一部。東はアマヌス山脈,北と西はタウロス山脈によって区切られ,東部は肥沃平原であるが,西部は山岳地帯。ヒッタイトアッシリアアケメネス朝ペルシアセレウコス朝シリアの諸王国の支配を経て,前 57年にローマ属州となる。使徒パウロの出生地タルソスを首都とした。7世紀頃アラブ人の支配を受け,10世紀中頃ビザンチン領。その後エジプトマムルーク朝,次いでオスマン帝国の支配を経て,第1次世界大戦後フランス領となったが,1921年よりトルコ領として回復された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キリキア【Cilicia】
アナトリア南東部のトロス山脈と地中海にはさまれた地域。シリシアともいう。小アジアとシリアを結ぶ戦略上の重要地点にあたり,ヒッタイト以来多くの国に支配された。アッシリア,ペルシアの支配,アレクサンドロスの東征後,セレウコス朝,ローマの支配下に入り,さらにビザンティン帝国からアラブの占領,アルメニア王国を経てマムルーク朝,オスマン帝国の支配を受けた。1919年一時フランスが占領したが,21年トルコに返還された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キリキア
きりきあ
Cilicia

小アジア南東部の地中海岸地帯。東はシリアと隣接し、北はトロス(タウルス)山脈を境としてカッパドキアやリュオカネアに達する位置にある。西は険しい山岳地帯キリキアと、東はシリアと隣接して平坦(へいたん)な平野部ペディアとに分かれている。この間がトロス山脈中の有名な「キリキアの門」とよばれていた所で、アナトリア内部から、ユーフラテス川に沿って、メソポタミアとの交易の重要な通路であった。同時に、紀元前三千年紀に興ったエブラ王国の仲介貿易が注目されている。またこの「キリキアの門」をめぐって、ヒッタイトの遠征や、アレクサンドロス大王の遠征など重要な舞台となっている。その後ローマの支配、アルメニア王国、トルコ、フランスの占領を経て、現在はトルコの領有。

[糸賀昌昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

キリキア
Kilikia
小アジア南東部のキプロス島に面する海岸地方
小アジアとシリアを結ぶ要地。アケメネス朝のキュロス2世により征服され,アレクサンドロス大王はこの地方で行われたイッソスの戦いで,ダレイオス3世を破った。ローマ帝国・ビザンツ(東ローマ)帝国・イスラーム勢力などによって支配され,20世紀にトルコ領となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キリキア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キリキアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.