Rakuten infoseek

辞書

キュニコス派【キュニコスは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キュニコス派
キュニコスは
Kynikoi; Cynics
犬儒派ともいう。アンチステネスとするギリシア哲学一派。キュニコス派の名はアンチステネスが教鞭をとったキュノサルゲスの地名,あるいはシノペディオゲネスの行なったキュニコス・ビオス (犬のような生活) に由来するといわれている。アンチステネスが徳の理想をただ無欲にのみ認めたように,キュニコス派の人々は徳と哲学を尊重するとはしたものの,自然に従う生活のうちに完全な独立と無欲を得て,芸術や学問をはじめあらゆる特定の目的を放棄することに徳を見出した。忍耐と諦めの力によって到達されるこの哲学においては,もはや哲学的思考の豊かな展開は認められず,社会生活に対する嘲笑風刺がその本領であった。クラテス,ヒッパルキア,メトロクレス,ビオンらが出た前3世紀頃が盛んであり,以後は衰えたが,ローマ帝国が道徳的に堕落してきた1世紀頃に復活した。ルキアノスはこのキュニコス派の人々の乞食のような生活態度や無教養を批判した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キュニコス‐は【キュニコス派】
〘名〙 (キュニコスはkynikos がんらい「犬のような」の意) アンティステネスを祖とするギリシア哲学の一派。ソクラテスの思想の一部を受け継ぎ、社会的慣習に束縛されない自由を志した。奇行や冷笑的な寸言で有名なシノぺのディオゲネスはその代表的人物。犬儒学派。キニク派。キニク学派。→シニシズム

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

キュニコス派
キュニコスは
Kynikos
ギリシアの哲学者アンティステネスがはじめたヘレニズム時代の哲学の一派。犬儒 (けんじゆ) 学派とも呼ばれる
世俗社会の無知と煩雑さを軽蔑し,精神的高踏を理想とした。キュニコスとは「犬族」の意味。ヘレニズム時代の「のディオゲネス」が有名。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キュニコス派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キュニコス派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.