Rakuten infoseek

辞書

キャラベル船【きゃらべるせん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

キャラベル船
きゃらべるせん
caravelcaravelaスペイン語
14~17世紀に主として地中海で使われた比較的小型の貿易船。16世紀の大航海時代の船は大部分がこれであった。最初は2本マストに三角縦帆であるラティーン・セールのみを張ったものから、同型の3本マストに発展していったが、これらはラテン式キャラベル船caravel Latinaといわれた。しかしこの方式は逆風時には能率がよかったが、追い風のときにはかならずしも能率がよくなかったため、やがて前方のマストには横帆をあげ、後部のミズンマストにだけ縦帆をあげる形に発達した。3本マスト・キャラベル船の平均全長は普通23~25メートルであった。また、キャラベル船の中には大型のナオ船があり、コロンブスのサンタ・マリア号が代表的なものである。[茂在寅男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャラベル船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キャラベル船の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.