Rakuten infoseek

辞書

キムチェク(金策)市【キムチェク】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キムチェク(金策)〔市〕
キムチェク
Kimch'aek
北朝鮮,ハムギョンプク (咸鏡北) 道の南部にあり,日本海に臨む港湾都市。北をソンジン (城津) 半島,南を陸繋島のキョグ (交亀) 山にはさまれたソンジン湾に臨む。 1898年開港し,1928年ハムギョン (咸鏡) 鉄道の開通,1941年ホチョン (虚川) 江水力発電所の完成などによって,工業都市として発達した。内陸から運ばれる鉄鉱石石炭黒鉛マグネサイトなどの地下資源と電力によって,鉄鋼造船,高周波焼き付け,マグネシウムなどの工業が行なわれ,キムチェク製鉄連合企業所,ソンジン製鋼所は特に規模が大きい。漁業も盛んであったが,遠洋漁業基地として整備され,魚肥の工場などもある。ソンジンと呼ばれていたが,朝鮮戦争で戦死した金策将軍にちなんで 1952年改名された。ピョンラ (平羅) 鉄道が通る。人口 17万 9000 (1987推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キムチェク(金策)市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キムチェク(金策)市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.