Rakuten infoseek

辞書

キネー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キネー
Quinet, Edgar
[生]1803.2.17. エン,ブルジャンブレッス
[没]1875.3.27. ベルサイユ
フランスの詩人,歴史家,哲学者,政治家。 24歳のときドイツをはじめ,イタリア,ギリシアを旅行,このときの見聞は後年作品のなかに生かされている。帰国後 1842年にコレージュ・ド・フランスの教授に就任するが,『宗教の神髄』 Le Génie des religions (1842) の刊行と革命賛美の講義のため,F.ギゾーによって教壇を追われた。その後代議士となったが,51年のルイ・ナポレオンのクーデターにより亡命を余儀なくされた。 70年に帰国,再び政界で活躍,著作活動も活発であった。その他の著書に『ドイツの政治構造』 Système politique de l'Allemagne (31) ,『大革命』 La Révolution (65) ,『新精神』L'Esprit nouveau (74) ,詩作としては散文詩『アアスベリュス』 Ahasvérus (33) が有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

キネー
きねー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キネー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キネーの関連情報

関連キーワード

ベートーベン若宮丸漂流民ギュツラフドゥーフ日道白粒岩延命院日道ニューフランスヘルウェティア共和国ホプキンズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.