Rakuten infoseek

辞書

キセノンランプ【キセノンランプ】

大辞林 第三版

キセノンランプ
高圧のキセノン-ガスを封入した放電管。可視域から紫外域のスペクトルが自然昼光にきわめて近い。照明・印刷製版などに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キセノンランプ【xenon arc lamp】
キセノンの中での放電発光を利用する放電灯の一種。その分光分布は連続スペクトルの部分が多く,可視範囲(約380~760nmの波長範囲)において自然昼光に似たスペクトルを示す。また,点光源に近い明るい光源であり,点灯と同時に安定に発光する。 自然昼光に近い光色が得られるので,印刷用の光源や,各種の標準光源に使われ,太陽の代用として環境試験器の光源にも採用される。強い点光源となるので,映写機拡大鏡の光源としても用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キセノンランプ
きせのんらんぷ
xenon lamp
キセノンガス中の放電を利用するランプ。点灯と同時に安定な光出力が得られ、その発光は紫外域から可視域を経て赤外域にわたる連続スペクトルからなっている。とくに紫外域から可視域にかけての光はきわめて自然昼光に近似している。キセノンランプは1933年ころからドイツで研究され、1944年にシュルツPaul Schulzによって実用化された。日本では1952年(昭和27)ころから製作され、主としてフラッシュランプとして用いられた。また、1957年には高圧キセノンガスを封入したショートアークランプが発表された。
 ショートアークキセノンランプは、石英管内に陽極と陰極間を数ミリメートルの間隙(かんげき)に封止し、直流で点灯する。封入キセノンガスは点灯中20~40気圧にもなる。点光源で輝度が高く、自然昼光に近く演色性がよいので、標準白色光源、映写、印刷製版、退色試験、ソーラーシミュレーターなどに用いられる。
 ロングアークキセノンランプは、長形の石英管の両端に電極を封止したもので、キセノンガス圧は、1気圧程度である。一般に交流で点灯する。輝度が高く、退色試験、写真製版、投光照明などに用いられる。
 キセノンフラッシュランプは直管形、螺旋(らせん)形、U形、環形などの石英管、またはガラス管の両端に電極を封止し、数十~数百トル(1トルは133パスカルの圧力)のキセノンガスが封入されている。コンデンサーに蓄積されたエネルギーをパルス的に印加して、瞬間的に放電させる。写真撮影、航空機誘導灯、レーザー励起などに使用される。[小原章男・別所 誠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キセノン‐ランプ
〘名〙 (洋語Xenon+lamp) 石英ガラスの管内に、キセノンガスを高圧封入した放電管。輝度の高い白色光の光源として、連続放電、断続放電、閃光(せんこう)放電などを行なうことができ、種々の形式のものがある。白色光源、映写用光源、閃光光源、紫外線光源などに用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キセノンランプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キセノンランプの関連情報

他サービスで検索

「キセノンランプ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.