Rakuten infoseek

辞書

ガロン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガロン
gallon
ヤード・ポンド法の体積単位。記号は gal。1英ガロン=4.545963l,1米ガロン=3.785435l。どちらのガロンでも,1ガロン=4クォート=8パイントである。日本でいうガロンはおもに米ガロンである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガロン(gallon)
ヤードポンド法の液体の体積の単位。1ガロンは、英国カナダなどでは約4.546リットル、米国では約3.785リットル。日本は米ガロンを採用。記号gal

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ガロン
 容量の単位で,米国では3.8lが1ガロン,英国では,4.5lが1ガロン.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソフトダーツ辞典

ガロン
4対4のチーム戦のこと。

出典:株式会社ダーツライブ
Copyright (C) DARTSLIVE Co.,Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガロン【gallon】
ヤード・ポンド法の容量の単位。その大きさにイギリスとアメリカの両国で差がある。(1)英ガロン 英ガロンは乾量,液量に共通な容量の基本単位で,その定義は〈水銀柱30インチの大気圧の下で水および空気が62゜Fにあるとき,黄銅分銅に対して空気中で10常用ポンドの質量を示す純粋な水の体積〉である。黄銅分銅の密度の定めはないが,標準機関では8.143g/cm3という値を採用し,1ガロンを277.42立方インチとする。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

ガロン【gallon】
液体の体積の単位。イギリスでは10ポンドの水の、特定の状態における体積を一ガロンとし、約4.546リットル。アメリカでは231立方インチのことで、約3.785リットル。日本では、後者を使用。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

ガロン【gallon】
ヤード-ポンド法の体積の単位。記号は「gal」。アメリカでは1米ガロンは、約3.785ℓ。イギリス(カナダでも使用)では1英ガロンは、約4.546ℓに相当する。日本は計量法の規定により、米ガロンを採用している。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガロン
がろん
gallon
ヤード・ポンド法の体積単位で、また基本単位。galで表す。イギリスとアメリカとでは大きく異なり、イギリスのガロン(英ガロン)は277.42立方インチ、4.54596リットル。アメリカのガロン(米ガロン)は231立方インチ、3.785328リットルである。イギリスは1824年、法律によってガロンを62(華氏62度)のときの水10ポンドの体積と決め、ほかのガロンを禁止した。しかし、それ以後も市中には酒用としてこれより小さい231立方インチの酒用ガロン(ワインガロン)が流通しており、アン女王(在位1702~1714)のとき公認されたこの酒用ガロンが使われていた。アメリカ大陸に渡ったイギリス人たちはこちらを常用とし現在に至っている。現在の英ガロンは1963年のイギリスの度量衡法により「0.001217グラム毎ミリリットルの密度をもつ空気中で、8.136グラム毎ミリリットルの密度をもつ10ポンドの分銅とつり合う0.998859グラム毎ミリリットルの水の体積」と定義されている。日本では主として米ガロンが使われている。ガロンの名はラテン語でgatelaという一種の酒の容器からきたといわれる。[小泉袈裟勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガロン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガロンの関連情報

他サービスで検索

「ガロン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.