Rakuten infoseek

辞書

ガルス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガルス
Gallus, Aelius
前1世紀頃のローマの軍人アウグスツス帝の部下で,ストラボンの友人。エジプト総督アラビアフェリクスの富の誇張的報告を信じたアウグスツスより命を受け遠征したが,ナバタイ人シラエウスの裏切りにより失敗した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガルス
Gallus, Aulus Didius
前1世紀頃のローマの政治家,軍人。キンメリアに遠征後,水道長官,アシア,アフリカの総督を歴任。前 58~52年ブリタニア総督として所領を保持した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガルス
Gallus, Gaius Asinius
[生]前41
[没]後33
古代ローマの政治家。前8年執政官 (コンスル ) に就任。2年後アシア総督。チベリウス帝を怒らせ,30年 71歳で逮捕され,3年間入獄後,餓死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガルス
Gallus, Gaius Cornelius
[生]前69頃
[没]前26
ローマのエレゲイア詩人,政治家。ラテン語エレゲイア詩の創始者といわれ,ウェルギリウス,チブルス,プロペルチウスオウィディウスらに多大の影響を与え,大詩人と仰がれた。アウグスツスのもとで初代エジプト総督に任じられたが,帝の不興をこうむり召還され,自殺した。多くの作品のうち,わずか1詩行が残っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガルス
Gallus, Gaius Vibius Trebonianus
[生]?
[没]253. インテラムナ
ローマ皇帝 (在位 251~253) 。エトルリア貴族の末裔デキウス帝に仕え,その死後即位。ゴート人と和したが,253年ゴート人が再び来襲すると,モエシアのローマ軍は司令官アエミリアヌス皇帝戴した。ガルスは上部ライン軍の司令官ウァレリアヌス救援を求めたが,間に合わず殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガルス
Gallus, Jacobus
[生]1550.7.31. ライフニッツ
[没]1591.7.18. プラハ
オーストリアの作曲家。本名 Jacob Hándl。オーストリア宮廷歌手から,1579年オルミュッツの司教に仕えた後,85年プラハ聖ヨハネ大聖堂合唱長。ベネチア様式の作曲家で,色彩的な作曲技法にすぐれていた。4声のモテト『見よ,正者のいかに死せるかを』はヘンデルの『葬送アンセム』に転用されている。ミサ 16曲のほか,モテトなど教会音楽を多数作曲。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガルス【Flavius Claudius Constantius Gallus】
325ころ‐354
ローマ皇帝(副帝)。在位351‐354年。エトルリアに生まれる。父ユリウス・コンスタンティウスと兄たちは337年宮廷革命で殺されたが,彼は幼少のため異母弟ユリアヌスとともに助命された。従兄の正帝コンスタンティウス2世により副帝に起用され,帝妹コンスタンティナと結婚し,シリアのアンティオキアに駐留したが,粗暴な性格による失政と謀反の嫌疑のため召還され,ポーラ付近のフラノナで処刑された。【秀村 欣二】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ガルス【Gaius Cornelius Gallus】
前69ころ‐前27か26
ローマの抒情詩人,将軍。ガリアの地中海沿岸の町フォルム・ユリイに生まれた。前30年にオクタウィアヌス(後のアウグストゥス)の将軍の一人としてアントニウスの軍を破り,属州エジプトの初代総督に任ぜられたが,後年アウグストゥスの不興を買い自殺した。ガルスはプロペルティウス,ティブルス,オウィディウスと並んでラテン恋愛抒情詩を代表する詩人であり,2行1組のエレゲイアの韻律で書かれ,リュコリスの名を冠した女主人公にあてられた恋愛詩は同時代の詩人たちに広く知られていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

がるす【ガルス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガルス
がるす
Gaius Cornelius Gallus
(前69ころ―前26)
古代ローマの詩人、政治家。アウグストゥス帝とウェルギリウスの友。対クレオパトラ戦争の将軍、初代エジプト総督などを務めたが、のちに追放され自殺した。彼は、神話の恋を歌うヘレニズムのエレゲイア詩を応用し、カトゥルスの影響のもとに、リュコーリスに対する恋情を歌い、ローマ独特の主観的恋愛エレゲイア詩の開祖になった。[中山恒夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガルス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガルスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.