Rakuten infoseek

辞書

ガリレイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガリレイ
Galilei, Galileo
[生]1564.2.15. ピサ
[没]1642.1.8. アルチェトリ
イタリアの物理学者,天文学者。医学を修めるべくピサ大学に学ぶ。ユークリッドアルキメデスの著作を通じて数学,力学に関心が移ったが,1585年学資不足のため学なかばにして大学を去った。まもなく比重,重心の研究などで頭角を現し,1589~91年ピサ大学数学講師,1592~1610年パドバ大学数学教授。さらに 1610年トスカナ大公付の数学者に登用される。1611年ローマ,リンチェイ・アカデミー会員。振り子等時性(→単振り子)と,斜面上の物体の運動理論を出発点として 1604年頃には完成をみた落体の運動法則の定式化,およびみずから改良したガリレイ式望遠鏡による木星の衛星,月面の凹凸(→クレータ),太陽の黒点などの発見(『星界の報告』Sidereus Nuncius〈1610〉)は,ニコラウス・コペルニクス地動説を実質的に確証するものとして大きな意義をもつ。また力学をはじめとする自然現象に数学および思考実験の方法を用いて迫り,実験によって検証するというガリレイの方法は,新しい自然科学の方法の確立に大きく貢献するものであった。1633年宗教裁判にかけられ地動説の放棄を命じられた。主著『天文対話』Dialogo sopra i due massimi sistemi del mondo, tolemaico e copernicano(1632),『新科学対話』Discorsi e dimostrazioni matematiche intorno a due nuove scienze attenenti alla meccanica(1638)は,いずれも当時の学問的伝統を破ってイタリア語で書かれたいきいきとした対話篇であり,ガリレイの文学的才能と,アカデミックな伝統の殻を破って生まれようとする新科学の創始者としての面目躍如たるものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガリレイ
Galilei, Vincenzo
[生]1520頃.フィレンツェ,サンタマリアアモンテ
[没]1591.7.2. フィレンツェ
イタリアの作曲家,音楽理論家,リュート奏者。天文学者ガリレオ・ガリレイの父。 G.ツァルリーノの教えを受けた。モノディ様式の創始者の一人。主著『新旧音楽についての対話』 Dialogo della musica antica e della moderna (1581) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガリレイ(Galileo Galilei)
[1564~1642]イタリアの物理学者天文学者。振り子の等時性落体の法則などを発見。自作の望遠鏡で天体を観測し、月の凹凸、木星の4個の衛星、太陽黒点などを発見してコペルニクス地動説を支持し、教会から異端者として幽閉された。著「天文対話」「新科学対話」など。ガリレオ=ガリレイ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガリレイ【Galileo Galilei】
1564‐1642
ルネサンス末期のイタリアの自然学者,天文学者。近代の数量的な自然観の樹立のために多大の貢献を行い,しばしば〈近代科学の父〉と呼ばれる。ピサで生まれた。父親ビンチェンツィオVincenzio Galilei(1520ころ‐91)は微禄したフィレンツェの貴族出身で,織物商を生業としたが,音楽に造詣が深く,かなり名の知られた人物であった。ガリレイは初め医者を志して,1581年にピサ大学に入ったがスコラ的な講義に幻滅を味わい,中途で退学した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ガリレイ【Galileo Galilei】
1564~1642) イタリアの物理学者・天文学者。振り子の等時性、慣性の法則、落体の運動、運動の相対性などの力学上の諸法則を発見。望遠鏡による天体観測で、木星の四つの衛星、太陽の黒点、金星の満ち欠けなどを発見し、地動説を支持したが宗教裁判でその放棄を命ぜられる。実験および数学的論証による近代自然科学の方法を確立した。著「天文対話」「新科学論議」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガリレイ
がりれい
Galileo Galilei
(1564―1642)
イタリアの物理学者、天文学者。近代科学の創始者の一人。

生涯

没落しつつあったフィレンツェの小貴族出身のビンチェンツォVincenzo Galilei(1520―1591)を父に、アマナッティGiulia Ammannati(1538―1620)を母に7人兄弟の長男としてピサに生まれる。10歳で一家とともにフィレンツェに戻り、12~13歳ころ修道院付属学校に入り古典語学などを学んだ。1581年ピサ大学医学部に入学、1583年に振り子の等時性を発見するが、当時のピサ大学はスコラ学者が勢力をもち、真理探究の場にはほど遠かった。そこでトスカナ大公主催の移動貴族学校に入り、ここでリッチOstilio Ricci(1564―1642)にユークリッド幾何学やアルキメデスの力学を学び強い影響を受けた。
 1585年ピサ大学を退学、1587年フィレンツェのアカデミーに「小天秤(しょうてんびん)」「固体の重心について」の2論文を提出した。これが契機となり、その後支援を受けるデル・モンテ侯爵Guidobaldo Del Monte(1545―1607)と知己となった。
 1589年デル・モンテ侯のつてと、アカデミーに提出していた論文とによりピサ大学数学講師となる。3年間をピサ大学で過ごすが、その間に、斜面を用いて落体の実験を行い、「運動について」(1590)を書いた。なおピサの斜塔の実験は伝説らしい。1592年パドバ大学数学正教授に転任した。
 28歳でパドバ大学に移ったが、以降18年間が彼にとって穏やかで実り多い時代であった。大学ではユークリッド幾何学およびプトレマイオス天文学を教え、私的な授業を行い、「簡単な軍事技術入門」「築城論」「機械学(レ・メカニケ)」などを著し、また、かつてリッチに学んだ応用数学を研究して種々の計算尺を製作、販売するなどした。
 生活面ではマリナ・ガンバMarina Gamba(1570―1612?)という女性と恋に落ち、正式な結婚はしなかったが、1600年に長女ビルジニアVirginia(1600―1634)、翌1601年次女リビアLivia(1601―1659)、1606年長男ビンチェンツォVincenzo(1606―1649)が生まれ認知した。なかでもビルジニアはガリレイに愛され、晩年になってからの彼の大きな慰めとなった。
 1610年ガリレイはパドバ大学を去り、トスカナ大公の第一数学者兼哲学者としてフィレンツェで著作、研究活動に専念できるようになった。翌1611年リンチェイ学士院会員となるが、1615年ローマの異端審問所に告発され、翌1616年第一次宗教裁判の決が下った。1632年第二次裁判が始まり、「異端誓絶」を宣告されアルチェトリに幽閉される。1638年両眼を失明、1642年病没。いかなる葬儀も墓標も不許可であった。[井原 聰]

近代的科学者の眼

ガリレイのもっとも初期の科学的業績は「小天秤」であった。これは、貨幣中に含まれる金・銀を定量的に決定するという当時の通貨体制にかかわる課題を、天秤と比重を利用して高い精度で解決する方法を論述したものである。ここには、スコラ学者と違って、実用的学問、技術的課題を実験的手法で解明しようとする姿勢がみられる。この観点は、パドバ大学での機械学での単一機械(てこ、滑車など)により複合機械を合理的に設計することを追究した講義ノート「レ・メカニケ」でより鮮明となる。ここでは、単一機械が人間の筋肉労働によって仕事をするものであるという実践的視点から、機械の有用性を論じながらも、「機械は力を得しない」こと、つまり小さな力で仕事をするには長い時間を必要とすることを指摘した。このことを「てこ」の原理に帰着させて、動力学的に展開する。すなわち、てこの原理を重さと腕の長さの比によるつり合いというアルキメデスの静的な理論としてとらえるのではなく、てこの一端に力を加えることによって他端が物体を動かすという、てこの機能の全体を把握したうえで、力の作用点の軌跡とその軌跡が描かれる時間(速さ)との関係を分析する。そして重さ・距離(てこの先が描く弧の長さ)・時間(速さ)などをまとめて「モーメント」とよび、モーメントの不変から「力を得しない」と表現する。この考えがやがて運動物体の力学、たとえば地上における慣性法則を明らかにした『加速運動について』(1604)を生むことになる。[井原 聰]

天動説批判と宗教裁判

1609年、オランダで望遠鏡が発明されたことを知ったガリレイはただちに自ら屈折望遠鏡を製作してこれを天体に向けた。そして月が完全な球でなく凹凸があることを発見し、翌1610年には木星の4個の衛星、太陽の黒点を発見、これらを『星界からの報告』として刊行(1610)、1613年には『太陽黒点論』を公刊した。
 このころから自らの天文観測の結果に基づいて地動説に対する確信を深め、地動説と聖書の矛盾を弟子やトスカナ大公の母公あての手紙に述べるようになり、これがもとで1615年、教皇庁検邪聖省に異端を告発される(第一次宗教裁判)。翌1616年かなり穏やかな判決、つまり異端の説である地動説を説いてはならないという警告を受けた。
 1618年彗星(すいせい)の出現にかかわって弟子の名で『彗星についての講話』を発表(1619)、ふたたびコペルニクス説が問題となり、論争に巻き込まれ、1623年に彼の批判者への反論を展開した『偽金(にせがね)鑑識官』を刊行、1625年にはそれまでの研究成果のうえにたって地動説を全面展開するための著述にとりかかり、6年間をかけて1630年に脱稿、1632年2月『天文対話』として刊行された。この著の主要な論点は、コペルニクス理論と地球上での力学理論の整合、つまり天地の同等性を述べることにあった。1632年7月発売禁止令が、10月ローマの異端審問所への出頭命令が出て第二次宗教裁判が始まった。翌1633年6月判決が下り、「異端誓絶」を強制され、12月以降幽閉の身となった。1634年長女ビルジニアが死去し、ほどなく両眼を失明した。
 幽閉されてのち、大著『新科学対話』の執筆に努め、1635年ほぼ完成したが、イタリアでは出版できず、新教国オランダで1638年に出版した。1641年、晩年の弟子のトリチェリに口述筆記させて『新科学対話』第5日目用の『ユークリッドの幾何学原本について』を脱稿、これは彼の没後、1674年フィレンツェで出版された。70歳を過ぎて執筆された『新科学対話』には、教会の教義と化したアリストテレス理論を打ち壊し、実用的科学に強い関心をもち、かつ切り開いてきた近代科学創始のころの労苦も読み取れる。
 論文の多くをイタリア語で書き、ラテン語を操れる人だけの学問にせず、民衆にも広く理解を求めたり、宗教と科学との分離にも見識ある態度を貫いた。[井原 聰]
『サンティリャーナ著、武谷三男監修『ガリレオ裁判』(1973・岩波書店) ▽豊田利幸編『世界の名著26 ガリレオ』(1979・中央公論社) ▽S・ドレーク著、田中一郎訳『ガリレオの生涯』全3巻(1984~1985・共立出版) ▽伊東俊太郎著『ガリレオ』(1985・講談社) ▽青木靖三著『ガリレオ・ガリレイ』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガリレイ
(Galileo Galilei ガリレオ━) イタリア、ルネサンス末期の科学者。「落体の法則」「慣性の法則」など力学上の諸法則を発見。また自製の望遠鏡を用いて月面の凹凸、木星の衛星、太陽の黒点などを次々に発見し、従来の宇宙観を根本的に変革。アリストテレスの自然学を否定し、数学的法則の定立と経験的事実の数量的分析の科学方法を創始して、近代自然科学の祖といわれる。コペルニクスの地動説を認めたため、宗教裁判にかけられた。主著「天文学対話」「新科学対話」。(一五六四‐一六四二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガリレイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガリレイの関連情報

関連キーワード

川中島の戦いアンティオコス[4世]争点証拠整理手続アロルディス チャプマンスピノラ三浦按針シェークスピアの生家グライツスアレスレガスピ

他サービスで検索

「ガリレイ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.