Rakuten infoseek

辞書

ガランバ国立公園【ガランバこくりつこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガランバ国立公園
ガランバこくりつこうえん
Garamba National Park
コンゴ民主共和国北東部,南スーダンとの国境付近に位置する国立公園。面積 4920km2。1938年指定。サバナ地帯に属す公園内にはキリン,ゾウ,カバなどが生息。希少なキタシロサイが知られたが,サイの角を目的とする密猟の横行によりその数は激減し,2006年以降確認されていない。公園の南部には世界でも珍しいアフリカゾウの調教センターがある。1980年世界遺産の自然遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガランバ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ガランバ国立公園】
Parc national de la Garambaコンゴ民主共和国北東部、南スーダンとの国境近くにある国立公園。白ナイル川上流に広がるサバンナ地帯。1938年、国立公園に指定。1980年、世界遺産(自然遺産)に登録されたが、絶滅危惧種に指定されるキタシロサイなどの密猟が絶えず、1996年に危機遺産リストに登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解

ガランバこくりつこうえん【ガランバ国立公園】
1980年に登録された世界遺産(自然遺産)で、コンゴ民主共和国北東部のスーダン国境付近に広がる国立公園。この公園のエリアは白ナイル川の上流にあり、標高800mの広大なサバンナ(草原地帯)が広がっている。また、アカ川やガランバ川流域には森や湖沼が点在しており、コンゴキリン、アフリカゾウ、カバなどの大型哺乳類や、アヌビスヒヒ、ウォーターバック、ヒョウ、ライオン、さらに同国にしかいないキタシロサイなどが生息している。この公園内にはゾウの調教センターもある。希少なキタシロサイの保護に力を注いできたことが、世界遺産に登録される大きな理由になったが、キタシロサイの角をねらった密猟が横行し、その個体数がわずか15頭になり、1984年に危機遺産リストへの登録を余儀なくされた。その後、政府の密猟者対策が功を奏して、その数を増やし始めたことから1992年に危機遺産リストから除外された。しかし、それもつかの間、隣国スーダンの反政府軍や難民の流入や内戦などにより環境が悪化し、1996年に再び危機遺産リストに加えられた。◇英名はGaramba National Park

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガランバ国立公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガランバ国立公園の関連情報

他サービスで検索

「ガランバ国立公園」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.