Rakuten infoseek

辞書

ガット(GATT)

農林水産関係用語集

ガット(GATT)
General Agreement on Tariffs and Trade(関税及び貿易に関する一般協定)の略。1948年に発足し、貿易面から国際経済を支える枠組みとして機能。我が国は55年に加入した。この協定の基本原則は、貿易制限措置の削減、貿易の無差別待遇(最恵国待遇、内国民待遇)とされている。ガットは正式な国際機関ではなかったが、これを拡大発展させる形で正式な国際機関としてのWTO(世界貿易機関)が95年1月に発足した。94年時点のガット及びその関連文書はWTO協定に取り込まれている。

出典:農林水産省

ガット(GATT)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガット(GATT)の関連情報

関連キーワード

DVD-R for GeneralGRE(R)EPA(経済連携協定)FTAACTAシェンゲン協定高等教育の国際化サービス貿易GATTGATS

他サービスで検索

「ガット(GATT)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.