Rakuten infoseek

辞書

ガウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガウス
Gauss, Carl Friedrich
[生]1777.4.30. ブラウンシュワイク
[没]1855.2.23. ゲッティンゲン
ドイツの数学者。アルキメデス,アイザック・ニュートンと並び称される学者で,近代数学の創始者ともいわれている。幼少の頃から数学と古典語にぬきんでた才能を示し,ブラウンシュワイク公の保護のもとに勉強を続けた。 1795~98年ゲッティンゲン大学に学ぶ。 1807年ゲッティンゲン大学の天文台長兼数学教授となる。 1793~94年整数論の諸問題に取り組み,1794年に最小二乗法を発見,1801年にガウスの最大の業績といわれる『整数論考究』を発表,同年最小二乗法を駆使して準惑星ケレスの軌道計算を行ない,これを再発見した。数学,天文学以外にも,物理学,測地学など多分野にわたって業績を残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウス
Gauss, Clarence Edward
[生]1887.1.12. アメリカ,ワシントンD.C.
[没]1960.4.
アメリカの外交官。 1906年国務省に入り,07年上海領事館に勤務。その後上海,天津,アモイ,済南,奉天の領事あるいは総領事を歴任。北京公使館顧問をつとめたのち,上海総領事,オーストラリア駐在公使を経て,41年2月中国駐在大使となった。第2次世界大戦中,当初は国民政府に同情的であったが,のち批判的になり,内政改革と国内統一を主張したが,44年 11月 J.スティルウェル将軍が解任されたのを不満として大使を辞任。 45年国務省を退官した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウス
gauss
磁束密度の CGS電磁単位またはガウス単位。記号はG。 MKSA単位または SI単位のテスラ (T) との関係は 1G=10-4T である。単位名は C. F.ガウスの名にちなむ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガウス(gauss)
CGS単位系磁束密度の単位。1ガウスは1平方センチメートルの面積を通る磁束が1マクスウエルのときの磁束密度で、1万分の1テスラK=F=ガウスの名にちなむ。記号G

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウス(Karl Friedrich Gauss)
[1777~1855]ドイツの数学者・天文学者。正十七角形の作図の可能性の証明、最小自乗法の発見、準惑星ケレスの軌道の算出、曲面の研究など、純粋数学のほか、電磁気学にも多くの業績を残した。著「整数論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガウス【gauss】
磁束密度(磁気誘導)のCGS電磁単位。記号はG,Gs。1マクスウェル(Mx)の磁束が1cm2の面積を通過するときの磁束密度である。国際単位系の磁束密度の単位Tとは,1G=10-4Tの関係にある。真空中で磁束密度が1Gのとき,磁場の強さは1エルステッドである。また1γ=10-5G=10-9Tの関係にある。C.F.ガウスにちなんで名付けられた。【平山 宏之】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガウス【Carl Friedrich Gauss】
1777‐1855
19世紀前半を代表するドイツの数学者。ブラウンシュワイクの貧しい家庭に生を受け,幼時から数計算に特異な才能を示した。ブラウンシュワイク公フェルディナントの後援を得て,1792年コレギウム・カロリヌムに進学,古典語,近代諸語を学ぶかたわら,I.ニュートン,L.オイラー,J.L.ラグランジュらの数学書に親しみ,95年には帰納的に二次の相互法則を発見した。同年秋ゲッティンゲン大学に入学。主として古典文献学,物理学に興味を示しつつ,ほぼ独力で数学を研究した。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

ガウス【gauss】
〔ドイツの数学者・物理学者ガウスの名にちなむ〕
磁束密度の CGS 電磁単位およびガウス単位。1平方センチメートル当たり一マクスウェルの磁束が貫くときの磁束密度の大きさを一ガウスという。記号 G   → エルステッドテスラ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウス【Karl Friedrich Gauß】
1777~1855) ドイツの数学者・物理学者。代数学の基本定理を証明したほか、整数論の体系化をはじめ数学の多くの分野にわたり画期的な貢献をした。また、自ら発見した最小二乗法を使って小惑星セレスを再発見。電磁気学や地磁気測定にも先鞭をつけた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

ガウス【gauss】
磁束密度のCGS単位。記号は「G」または「Gs」。1Gは真空中で磁場の強さが1エルステッドのときの磁束密度。SI単位系との関係では、1Gが1万分の1テスラに相当する。◇名称は、ドイツの物理学者・数学者ガウスにちなむ。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ガウス
生年月日:1887年1月12日
アメリカの外交官
1960年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガウスの関連情報

関連キーワード

加藤美樹小糸佐七物蕪村ズーフ沼波弄山シェリダンハーキマー伊豆大島朝寝坊夢楽アレクサンドル

他サービスで検索

「ガウス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.