Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ガイスラー管【ガイスラーかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガイスラー管
ガイスラーかん
Geissler tube
低圧気体放電管の1種。 1859年ドイツの機械技師 H.ガイスラー物理学者 J.プリュッカーの依頼でつくったもので,プリュッカー管ともいう。ガラス中に圧力数 Torr程度の気体をアルミニウム電極とともに入し,電極に高電圧をかければ放電が起る。スペクトル分析に用いるものは図のような形のもので,中央の細い部分で最も強いグローを放つ。また,管の一部を開口して真空槽につなぐと,簡単な真空計として使える。放電の状態が内部の気体の圧力によって変化し,放電で発する光の波長は内部の気体の種類に固有であるから,放電の際の発色光と形状から真空槽内の真空度と残留気体の種類がほぼ見分けられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガイスラー‐かん〔‐クワン〕【ガイスラー管】
放電管の一。管内の真空度は水銀柱数センチから数ミリ程度で、真空放電実験スペクトル研究、簡易な真空計に使用。ドイツの技師ガイスラー(Heinrich Geissler)が物理学者プリュッカー(Julius Plücker)の依頼により製作したので、プリュッカー管ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいすらーかん【ガイスラー管】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガイスラー管
がいすらーかん

真空度が数十~数トル(1トルは水銀柱1ミリメートルの圧力)の冷陰極放電管。真空放電の実験とスペクトルの研究のため、ドイツのボン大学のプリュッカーJ. Plückerが同じ町の理化学機器工のガイスラーH. Geisslerに1857年に依頼してつくらせたので、この名がある。別に依頼主の名に基づいてプリュッカー管とよぶこともある。

 ガイスラー管は、真空放電の実験のほか、簡単な真空計として真空度の測定に用いられている。また、管内の気体原子のスペクトル研究にも用いられるが、その場合は管の中央部は細い。

 放電の様相は、数十トルでヘビの舌状の放電が始まり、数トルで管一面に広がった明るいグロー放電になる。さらに真空度があがると、この明るい陽光柱はだんだん短くなり、100分の1トル付近では全体が薄く光るようになり、さらに真空度をあげると黄緑の蛍光が管壁に現れる。この蛍光は陰極から出る一種の放射線(電子)によるもので、同一物質でも温度によって異種のスペクトルを出すことなどとあわせて、ヒットルフJ. W. Hittorfとともにプリュッカーが実証していた。

[岩田倫典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガイスラー‐かん ‥クヮン【ガイスラー管】
〘名〙 (ガイスラーは製作者 Geissler の名から) 気圧が水銀柱数ミリメートルのグロー放電管。真空放電、気体のスペクトル研究のほか、簡易な真空計としても用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ガイスラー管
ガイスラーカン
Geissler tube

ブリュッカー管ともいう.図に示すような細長いガラス管の両端に,平板の電極を封じ込んだ放電管.電極は鉄,ニッケル,タングステン,アルミニウムなど.電圧は直流または交流の1000 V 以上を必要とする.103~1 Pa の低圧で放電させる場合によく用いられる低圧放電管である.ガイスラー管での放電はグロー放電であり,その外観は管内の気圧によっていちじるしく変化する.この性質を利用して真空装置の真空度の大略を知るのに用いられている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガイスラー管」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガイスラー管の関連情報

関連キーワード

ビラフランカの和議余計者光の科学史インド大反乱川本幸民岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントンヘットナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.