Rakuten infoseek

辞書

ガイガー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガイガー
Geiger, Hans
[生]1882.9.30. ノイシュタット
[没]1945.9.24. ポツダム
ドイツの物理学者。本名 Johannes Wilhelm Geiger。エルランゲン大学,ミュンヘン大学に学び,渡英してマンチェスター大学で E.ラザフォードの助手をつとめた。キール大学教授 (1925) ,テュービンゲン大学教授 (29) ,ベルリン工科大学教授 (36) 。 1908年にラザフォードとともに開発した飛来するα粒子の数を数える装置は,α粒子の散乱の実験に利用され,ラザフォードによる原子の有核模型の提唱を導いた。 11年ガイガー=ヌッタルの法則を見出し,13年ガイガー尖端計数管を発明,28年には W.ミュラーとともにこれを改良してガイガー=ミュラー計数管を発明した。"Zeitschrift für Physik"および"Handbuch der Physik"の編集にもたずさわった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガイガー
Geiger, Moritz
[生]1880.6.26.
[没]1938.9.9.
ドイツの哲学者,美学者。ミュンヘン (1915) ,ゲッティンゲン (23~33) 大学教授,のちアメリカへ渡った。 E.フッサールの現象学的方法を美学の領域に適用,I.カントの「美の無関心性」に批判を加え,「無関心性」 Interesselosigkeitと「関心づけられないこと」 Uninteressiertheitとを区別した。主著"Beiträge zur Phänomenologie des ästhetischen Genusses" (13) ,"Zugänge zur Ästhetik" (28) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガイガー
Geiger, Rupprecht
[生]1908.1.26. ミュンヘン
[没]2009.12.6. ミュンヘン
現代ドイツの抽象画家。建築を学び,第2次世界大戦後,画家に転じた。 1949年 W.バウマイスターらとグループ「ゼン」を創立。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガイガー
Geiger, Theodor Julius
[生]1891.11.9. ミュンヘン
[没]1952.6.19.
ドイツの社会学者。のちにデンマークへ亡命。形式社会学的立場に立ち,群衆,階層,知識階級の研究を行い,特に亡命後は,イデオロギー批判やマルクス主義批判を展開させた。主著『るつぼの中の階級社会』 Klassesamfundet i støbegruden (1948) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガイガー(Hans Wilhelm Geiger)
[1882~1945]ドイツの物理学者ラザフォードのもとで放射線を研究。放射能の測定器を発明。また、α(アルファ)崩壊に関する「ガイガー‐ヌッタルの法則」を発見した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガイガー【Hans Geiger】
1882‐1945
ドイツの物理学者。ノイシュタットの生れ。ミュンヘン,エルランゲン両大学に学ぶ。1906年放電研究で学位を取得,同年渡英し,マンチェスター大学助手となる。翌年E.ラザフォードが教授として着任,08年α粒子を電気的に検出する計数管を共同製作,α粒子が2倍の電気素量をもつことを確定した。またガイガーは計数管内のα粒子のふるまいに思いつき,不確実だったα粒子の散乱現象を検証,09年α粒子が金箔によって大角度に散乱されることを発見,次いで翌年さまざまな物質についてα粒子の最確散乱角を決定した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ガイガー【Hans Wilhelm Geiger】
1882~1945) ドイツの物理学者。ラザフォードの下で放射能・放射線を研究。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ガイガー
生年月日:1880年6月26日
ドイツの哲学者,美学者
1938年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガイガー
生年月日:1891年11月9日
ドイツの社会学者
1952年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガイガー
(Hans Wilhelm Geiger ハンス=ウィルヘルム━) ドイツの物理学者。ラザフォードのもとで放射能を研究。ガイガー‐ミュラー計数管を考案。(一八八二‐一九四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガイガー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガイガーの関連情報

関連キーワード

ボアソナード早稲田大学マーク・トウェーンワーグナージーモンディルクセンハルゼープルーインプレグランスミス

他サービスで検索

「ガイガー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.