Rakuten infoseek

辞書

ガイガー‐ヌッタルの法則

法則の辞典

ガイガー‐ヌッタルの法則【Geiger-Nuttall's law】
α 放射体の壊変定数の対数は,放出される α 粒子の飛程と線形関係にある.式で表すと

log λ=A log RB

ここで λ は壊変定数[s-1],R は空気中での飛程[cm]とすると,

A=59.0

B=-41.8 ウラン系列 (質量数4n+2)

-43.4 トリウム系列 (質量数4n

-45.0 アクチニウム系列 (質量数4n+3)

となる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガイガー‐ヌッタルの法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガイガー‐ヌッタルの法則の関連情報

他サービスで検索

「ガイガー‐ヌッタルの法則」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.