Rakuten infoseek

辞書

カーロイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カーロイ
Károlyi Mihály
[生]1875.3.4. フォート
[没]1955.3.20. バンス
ハンガリーの政治家。貴族の出身 (伯爵) 。 1910年保守主義者として議会に選出されたが,まもなく左傾,大土地所有の解体,普通選挙権,諸民族の平等,ハンガリーの自治,親スラブ外交を唱えた。第1次世界大戦末期の 18年独立政府首相,次いで大統領。普通選挙権,8時間労働,農地改革などの自由主義諸政策を実施,率先して自分の領地を分配した。しかし領土問題で連合国の譲歩が得られず,19年辞職,亡命。一貫してホルティ政権を批判。 46年帰国,47~49年駐フランス大使。ライクの粛清裁判を批判して再度亡命

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カーロイ【Károlyi Mihály】
1875‐1955
ハンガリーの政治家,伯爵。大貴族出身であるが自由主義的改革論者。1912年に独立党に入り,13年同党首。普通選挙制を求め,ドイツ・オーストリア同盟に反対した。第1次大戦開始後,単独講和を主張して英米交渉。18年10月民族会議議長,同月末の革命で首相,19年1月から大統領講和土地改革に努力するが行きづまり,19年3月権力をクンに譲って亡命した。しかし戦間期反ファシズムの立場を貫き,46年帰国。47‐49年駐仏大使となるが,ライク裁判後,同地に再亡命した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カーロイ
かーろい
Krolyi Mihly
(1875―1955)
ハンガリーの政治家。重農主義派の指導者である父シャーンドルと独立派の指導者アポニ・アルベルトとの影響下に育つ。1899年にブダペスト大学法科を卒業後、貴族院終身議員として政界に入る。1901年自由党入党。05年選挙を機に独立党入党、13年に再統一された独立党の党首となり、親仏的活動を展開。第一次世界大戦中も反独を主張した。18年十月革命のなかで国王の命で組閣をするが、革命は進展し、11月に共和国宣言が出され、翌年1月に大統領に就任した。しかし、自らの講和条約締結失敗を受けて3月に成立した社共政権も倒壊するとみると、7月に国外に脱出。以後欧米を回り名声を得る。第二次大戦後帰国し、47年に駐仏大使。49年のライク裁判を機に職を辞し、フランスで余生を送った。[家田 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーロイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カーロイの関連情報

関連キーワード

フランス共和国憲法国民議会チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ジェームズトンガ貿易銀ポピュリスト党ロダンワッパ一揆ゴシケビッチ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.