Rakuten infoseek

辞書

カールスクローナの軍港【カールスクローナのぐんこう】

世界遺産詳解

カールスクローナのぐんこう【カールスクローナの軍港】
1998年に登録された世界遺産(文化遺産)。カールスクローナは、スウェーデン南部のブレーキンゲ県の県都。この港はバルト海の軍事戦略上、重要な位置にあり、暖流の影響等で冬場も海が凍らない不凍港であることから、古くからスウェーデン海軍の軍事基地と海港が置かれた。ブレーキンゲ県は1658年にスコーネ地方とともにスウェーデン領となり、カールスクローナの軍港建設は1680年、国王カルル11世の命を受けて町の建設と同時に始まった。1711年、カールスクローナの造船所には1100人が働き、1750年には町の人口は1万人に達し、当時のスウェーデンでは最大の人口規模を持つ都市に発展した。一方、カールスクローナの市街には、17~18世紀初頭に建設されたフレデリック教会や聖三位一体教会がある。フレデリック教会は、壁は黄色に塗られ、装飾品で飾られているのが特徴。また、聖三位一体教会は、赤色に塗られた、海軍のための教会である。◇英名はNaval Port of Karlskrona

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カールスクローナの軍港」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カールスクローナの軍港の関連情報

関連キーワード

多和田葉子平山郁夫[各個指定]工芸技術部門朝鮮民主主義人民共和国エクソンモービル小渕恵三内閣グリーンランドゴダール(Jean-Luc Godard)植物ホルモンシーラカンス(建築事務所)

他サービスで検索

「カールスクローナの軍港」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.