Rakuten infoseek

辞書

カートリッジ【かーとりっじ】

デジタル大辞泉

カートリッジ(cartridge)
本体に容易に着脱できる交換用の小さな部品。
万年筆にはめ込むスペアインクの入った小筒。→コンバーター5
カメラに装塡(そうてん)するフィルムを巻いて包んだ容器。
レコードプレーヤーピックアップの先端に取り付ける部品。の運動を電気信号に変えるもの。MMカートリッジMCカートリッジなどの種類がある。フォノカートリッジ
装置にそのまま入れるビデオテープや光ディスクなどを所定のケースに収めたもの。
プリンターや複写機などで、本体にはめ込んで使う消耗品の部分。インクカートリッジ、ドラムカートリッジなど。
弾薬

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カートリッジ【cartridge】
レコードプレーヤーのアームの先にとりつけ、溝をなぞった針の動きを電気信号に変換する部品。
万年筆の軸に容器ごととりつける交換用インク。
テープ・フィルムなどを、ケースごと機器に装着するためにケースに入れたもの。
弾薬筒。
薬包。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カートリッジ
cartridge
(1) レコード盤音溝振動波形を,忠実に電気信号に変換する装置。針先を支えるカンチレバや,マグネットコイルなどから成る。発電方式により,電磁型,動電型,圧電型,静電型,半導体型,光電型などの種類がある。レコードプレーヤシステムにおいてスピーカと同じように,音質を決める大きな要素である。 (2) ビデオテープまたはオーディオテープをケースに収めたもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カートリッジ
〘名〙 (cartridge) はめ込み式の取り換え部分。
① レコードプレーヤーのピックアップの一部分。レコードの溝と接触する針先、振動を電気に変換する発電機構、それらを結合するカンチレバーから成る。
② 発射薬の入っている弾薬筒。
③ 万年筆のスペアインクの筒。
④ カメラにつめるためのフィルムの容器。
⑤ 器具・機械などの一部として、粉末・液体・気体などを入れる、差し替え自由の容器。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カートリッジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カートリッジの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.