Rakuten infoseek

辞書

カンバス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カンバス
canvas
画布。油彩画の支持材として用いられる。標準的なカンバスは,粗織 (あらおり) の麻布を用い,その上に膠水を引き,またはさらにその上に白亜をリンシード,ポピーで溶いたものを塗る。吸収のよい速乾性のものとしては白亜を塗ったアブソルバンがある。まれに木綿のカンバスも使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カンバス(canvas)
麻などで目を粗く織った布。ズック。キャンバス。
油絵用の画布。麻などの布地に油その他を塗ったもの。キャンバス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カンバス【canvas】
油絵をかく布。麻布などの上に塗料を塗ったもの。主に亜麻あま布が用いられる。画布がふ。キャンバス。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カンバス
〘名〙 (canvas) もめん、麻などの太めの糸で織った、あらい布。キャンバス。
(イ) 油絵をかくのに用いるもの。F(人物)型、P(風景)型、M(海景)型の三種がある。麻布。画布。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉六「油画を作ることを学ばんと欲して、カンバス(画に用ゆる布)を買ひ」
(ロ) 船の帆にしたり、重い物を入れる袋などに用いたりするもの。帆布。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉四「マストのカンバス(帆布)は、ハッチの上部カバーであった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンバス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カンバスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.