Rakuten infoseek

辞書

カンデラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カンデラ
candela
光度の SI基本単位で,記号は cd。 1948年の国際度量衡総会で,1cdは1気圧下,白金凝固点 1772℃にある黒体の平らな表面 (1m2の 60万分の1) の垂直方向の光度と定められた。 60万という数字が採用されたのは,従来の光度の単位である燭にほぼ一致させるためであった。その後 79年の同総会においてこの定義を全面的に改め,カンデラは周波数 540×1012Hz の単色放射を放出する光源の,放射強度が 1/683W・sr-1 である方向における強度,と定められた。単位名はラテン語のカンデーラ (ろうそく) に由来する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

カンデラ
光源の明るさを示す光度の単位で、SIの基本単位の1つ。1979年の国際度量衡総会の決議による定義では「カンデラは、周波数540×10の12乗 Hzの単色放射を放出し、定められた方向におけるその放射強度が683分の1 W毎ステラジアンである光源の、その方向における光度である」。79年以前には、カンデラは白金の凝固温度における完全放射体の輝度に基づいて決められていたが、光放射束の測定精度が向上したため、現在の定義に代えられた。単位の現示は、安定した人工光源を用いて行われる。
(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

カンデラ(candela)
《ラテン語で、獣の油の蝋(ろうそく)の意》国際単位系(SI)の基本単位の一で、光度の単位。1カンデラは周波数540兆ヘルツの単色放射を放出する光源の放射強度が683分の1ワット毎ステラジアンである方向における光度。1979年の国際度量衡総会で現在の定義が採用。記号cd

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カンデラ【candela】
光度の単位で単位記号はcd。国際単位系(SI)の基本単位の一つ。光度は光源からある方向に出る光の強さを表す量で,図のように光源を頂点として問題の方向を含む微小な錐体を考え,その中に放出される光束(毎秒当りの光量)をその立体角で割ったのが光度である。カンデラが光度の単位として国際的に採用された1948年以前は,燭(しよく)が単位として用いられていた。カンデラと燭は実用上同じ大きさであるが,物理的な内容は前者のほうがより明確であり,スペクトル成分が異なる種々の光に対して厳密に光度値を定めることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カンデラ【candela】
光度の単位。 SI 基本単位の一。記号 cd  周波数 540×1012 Hzの単色光源の放射強度が683分の1ワット毎ステラジアンである方向の光度。以前は白金の凝固点にある黒体の、1平方センチメートルの光度の60分の1と決めていた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

カンデラ【candela】
光度の国際単位。記号は「cd」。光度は点光源からある方向に出る光の量。周波数540×1012Hzの単色光の光源の放射強度が683分の1W毎ステラジアンのとき、1cdになる。40Wの白色蛍光ランプが約300cdである。◇名称は、獣脂ろうそくを意味するラテン語カンデーラ(candela)にちなむ。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カンデラ
〘名〙 (candela 元来「ろうそく」の意) 光度(光源のあかるさ)の単位。白金の凝固点を基準として測定。記号 cd. 一燭光は、1.0067 cd. にあたる。一九四八年、国際度量衡委員会で定められた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

カンデラ
カンデラ
candela

光度を表す国際単位系(SI単位)の基本単位.記号 cd.周波数540×1012 Hz の光源の放射強度が,1 W sr-1(sr はステラジアン)の683分の1である方向における光度(1979年の国際度量衡総会における定義).

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンデラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カンデラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.