Rakuten infoseek

辞書

カワノリ

栄養・生化学辞典

カワノリ
 [Prasiola japonica].緑藻類カワノリ科の淡水産の藻類で食用にする.スイゼンジノリ[Aphanothece sacrum]を指すこともある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カワノリ
かわのり / 川海苔
[学]Prasiola japonica Yatabe
緑藻植物、カワノリ科の淡水藻。鮮緑色で、きわめて柔らかい薄膜質葉状体をなす。大きさは10センチメートル内外で、山間の急流域の岩上に春から晩秋にかけて繁茂する一年生藻。分布が限られている希産種で、太平洋に注ぐ河川中でも、栃木県塩原から九州筑後(ちくご)川の上流までにある特定河川だけに産する。抄製品は緑色の紙板型で、浅草のりに似た風味を呈して高価。日光の大谷川苔(だいやかわのり)、静岡県白糸の滝周辺の富士川苔、九州の菊池川苔などが代表的な名産品である。[新崎盛敏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワノリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カワノリの関連情報

関連キーワード

オウレン(黄連)シタビラメイナゴ(稲子)イナゴシーボルトツバキ(椿)イナゴカイヤドリヒドラ学名シギアブ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.