Rakuten infoseek

辞書

カロリナ法典【かろりなほうてん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カロリナ法典
かろりなほうてん
Constitutio criminalis Carolinaラテン語
1532年、神聖ローマ帝国皇帝カール5世により公布された刑事法典。15世紀末から18世紀末までにつくられた刑事立法では唯一の統一的刑事法典で、219条からなる。1507年のバンベルク刑事裁判令を範とし、訴訟手続規定を中心とするが、今日の刑法に相当するものも含まれていた。従来のドイツ法とローマ法の二本立てを整理し、犯罪の種類、刑罰方法の規定は過酷で中世的であるが、公権力による科刑という観念を確立し、近世絶対主義時代の刑法典の典型となった。ドイツでは、この法典はその後の刑法理論と実務に決定的な影響力をもった。[佐藤篤士]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カロリナ法典」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カロリナ法典の関連情報

関連キーワード

インカ帝国犬筑波集アンデス文明法華一揆犬筑波集享禄天文ガルガンチュアとパンタグリュエルラブレーレスター(伯)

他サービスで検索

「カロリナ法典」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.