Rakuten infoseek

辞書

カロテノイド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カロテノイド
carotenoid
カロチノイドともいい,かつてはリポクロームとも呼ばれた。動植物界に広くみられる黄色,オレンジ,赤色ないし紫色の一群の色素。水には不溶で,アセトン,エーテルに可溶の共役二重結合を多くもつポリエン化合物の総称。ニンジンの根の赤色色素-βカロテンをはじめ,藻類,原生動物から爬虫類,鳥類の羽,高等植物などに多くの種類がある。植物起源のものを phytocarotenoidと呼ぶこともある。α-,β-,γ-カロテン ( C40H56 。葉,果実,魚) ,リコピン ( C40H56 。トマト) ,ルテイン ( C40H56O2 。鶏卵黄,葉) ,ゼアキサンチン ( C40H56O2 。トウモロコシ種子,カキ果実) など,300種ほどの天然カロテノイドが知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

カロテノイド
主に野菜や果実などに含まれる、黄・橙・赤色の色素類の総称。一部の魚介類にも含有(カニ、エビ、サケの赤色色素=アスタキサンチン)されている。このうち、β‐カロテンなどは吸収されて体内でビタミンAに変わる。β‐カロテン、リコペン(リコピン)、ルテインには、がんや老化などの予防効果が期待され、緑黄色野菜に多く含まれる。アスタキサンチンは、他のカロテノイドに比べて強い活性酸素消去作用を持つ。
(的場輝佳 関西福祉科学大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

カロテノイド(carotenoid/carotinoid)
カロテンに類似の一群の色素。動植物界に広く分布し、黄・赤色ないし紫色を呈する。植物ではニンジンの根やトマトの実などに、動物ではエビ・カニの殻などに含まれる。カロチノイド

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

カロテノイド
 黄色ないしは赤色の色素でテトラテルペン化合物.β-カロテンはその一つ.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

カロテノイド【carotenoid】
天然に存在する色素で、主に野菜や果実などに含まれる黄色・橙色・赤色の色素成分の総称。特に、緑黄色野菜に多く含まれるが、赤色色素であるアスタキサンチンを含むかに、えび、さけなどの一部の魚介類にも含有される。強い抗酸化作用が特徴で、目や皮膚を紫外線から保護し、活性酸素を除去する役割をもつほか、老化による視力低下の防止、抗がん作用などに効果が期待できる。◇「カロチノイド」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カロテノイド【carotenoid】
動植物界に広く分布し、黄橙・赤・赤紫色を示す色素の総称。カロテン・キサントフィルなどがある。ニンジン・トマト・カキなどに含まれる。カロチノイド。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カロテノイド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カロテノイドの関連情報

他サービスで検索

「カロテノイド」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.