Rakuten infoseek

辞書

カレー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カレー
Calais
フランス北部,パドカレー県北部のドーバー海峡 (カレー海峡) にのぞむ港湾都市。海峡対岸のドーバーまで 34kmで,イギリスへ最短の都市である。中世初期には南西方 15kmにあるウィッサン港が利用され,カレーは小漁港にすぎなかった。 12世紀頃からウィッサンに代って発展,1224年ブーローニュ伯により要塞化された。 1347年イングランド王エドワード3世は 11ヵ月にわたる包囲ののち同港を占領,1558年までイギリスの領有が続いた。その後一時スペイン領となり,1598年フランスに復帰した。フランス北部の港として発展したのは鉄道,運河,道路など後背地との連絡が確立された 19世紀に入ってからである。貨物港としては木材,石炭など年間約 100万tの荷扱いにとどまる地方港で,競合するブーローニュシュルメール港には及ばないが,旅客数ではブーローニュシュルメール港を大きく上回る。工業はレース,チュールの機械織り,刺繍が有名で,全世界に輸出されている。ほかに食品,機械,化学の工業などがある。要塞 (1560) ,市庁舎広場のロダンの傑作『カレーの市民』像 (1884~86) ,旧見張り塔 (13世紀) ,ノートルダム聖堂 (14~16世紀) ,さらに 7kmに及ぶ海水浴場などがあり,観光都市としても重要。人口7万 5836 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

カレー
インド周辺で生まれ、18世紀にイギリスに伝わった。日本には明治初期に伝来大塚食品が1968年に世界初の家庭用レトルト食品「ボンカレー」を発売するなど、カレーライスとして独自に進化する。家庭用のルウやレトルトだけでも、市場規模は年間で1千億円強(推計)。壱番屋の08年5月期の店舗売上高は682億円。
(2009-05-31 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

カレー(Calais)
フランス北部の港湾都市。ドーバー海峡(カレー海峡)に臨み、英国のドーバーとの連絡港およびユーロトンネルの基地。レース・リンネルなどの織物を特産

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレー(curry)
カレー粉のこと。またはカレーライスソースのこと。
カレーライス」の略。「ビーフカレー」
[補説]語源タミール語のkariで、ソースの意。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

カレー
 カレー粉で調理した料理を広くいうが,カレーライスをいうことが多い.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

カレー【curry】
①数十種類の香辛料で作られる混合香辛料。辛みづけにとうがらし・黒こしょう、香りづけにコリアンダー・クミン、黄色の着色にターメリックなどが配合される。◇「カレー粉」ともいう。
②①を用いて作られる料理。特にカレーライスのソース。⇒カレーライス
③「カレーライス」の略。
④インド料理で、種々の香辛料を用いた煮込み料理の総称。ナンチャパティと一緒に食べる。タイなど他のアジア諸国のものにも用いる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カレー【Calais】
フランス北部,パ・ド・カレー県の港湾・工業都市。人口7万6000(1990)。ドーバー海峡に面するカレー港は利用客数においてフランス第1(年間250万人)であるが,隣県の港町ダンケルクとの競合という問題を抱えている。主要業種であるレース製造業はカレーの工業従事者の40%を抱え,フランスの機械織レースの4分の3を産する。カレーの企業の多くはイギリス系である。町は北と南に分かれ,古代ローマ時代からある北部は高級住宅地,商業地,港湾をもつ。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カレー【curry】
インドを中心として,中近東から東南アジア,さらに今日では広く世界各国で使用されている混合香辛料,またはその混合香辛料で味付けした料理のことをさす。カリーと呼ぶことも多い。南インドのタミル語やカンナダ語で〈スープの具〉を意味するカリが,料理の名前としてポルトガル語経由で英語に入り,やがて世界中に広まったとされる。インドでは何にでもこの混合香辛料を加えて味付けをするが,暑く湿気の多い地方では,食欲を増進し,消化を助け,殺菌効果をもち,発汗作用を高めるなど,実に自然の摂理にかなった調味料といえよう。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

カレー【curry】
淡黄色粉末の、非常に辛みのある香辛料。クミン・カルダモン・シナモン・生姜しようが・コエンドロ・黒胡椒・唐辛子・フェヌグリーク・ターメリックなど30~40種の香辛料を配合して作る。インドが主産地で、熱帯諸国で盛んに用いる。カレー粉。
を用いて作った料理。特に、カレー-ライスのソース。
カレー-ライスの略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレー【Calais】
フランスの北端、ドーバー海峡に臨む港湾都市。ユーロトンネルの入り口。レースやチュール織の特産で名高い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カレーの関連情報

他サービスで検索

「カレー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.