Rakuten infoseek

辞書

カレント【かれんと】

デジタル大辞泉

カレント(current)
動向。趨勢(すうせい)。流れ。「メーンカレント(=主流)」
川の流れ。潮の流れ。「リップカレント(=離岸流)」
電流
カレントディレクトリー」「カレントドライブ」の略。
他の外来語に付いて、現在の、現代の、現今の、の意を表す。「カレントイングリッシュ(=時事英語)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイビング用語集

カレント
海流から、干満により生じる流れまで潮流一般を総称してこう呼んでいる。中でもダイバーがぜひ知っておきたいのがロングショアカレント(沿岸流)。海岸線に近づいていく波が作る海岸線と平行な流れで、岸に近い場所で潜る際には影響を受けるもの。

出典:ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーフィン用語集

かれんと 【カレント Current】
海岸付近の水の流れは多様である。波がブレイクすると、水が打ち寄せるエネルギーが逃げる所がある。たいがいは他より深くなっている場所で、沖に向かって流れている。その流れの事をCurrentという。またその場所の事をChannelという。CurrentとChannelはほとんど同意語として使われている。

出典:(株)デジサーフ、(株)セキノレーシングスポーツ
Copyright(c)2006 i92surf.com All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カレント【current】
他の外来語の上に付いて、現在の、流行の、通例の、などの意を表す。 「 - コスト(=時価)」 「 - エクスペンス(=経常経費)」
コンピューターで、その時点で参照されているファイル装置。カレントディレクトリー・カレントドライブなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カレント
(current)
[1] 現代の風潮。現今の傾向。
※人間と真実の問題(1938)〈窪川鶴次郎〉続・島木健作論「彼くらい時代のトピック的なカレントを捉える作家はない」
[2] 〘語素〙 「現在の」「流行の」「通例の」の意で、他の外来語の名詞の前に付けて用いる。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カレントの関連情報

他サービスで検索

「カレント」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.