Rakuten infoseek

辞書

カルル2世(禿頭王)【カルルにせい[とくとうおう]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カルル2世(禿頭王)
カルルにせい[とくとうおう]
Karl II, der Kahle
[生]823.6.13.
[没]877.10.6. ブリードレベーヌ
西フランク王 (在位 843~877) ,西ローマ皇帝 (在位 875~877) 。シャルル2世 (禿頭王) とも呼ばれる。ルートウィヒ1世 (敬虔王)末子次兄ルートウィヒ2世 (ドイツ王) と組んで 841年長兄ロタール1世を破り,ベルダン条約で西フランクを獲得し,843年西フランク王となる。長兄の次男ロタール2世死後に再び次兄と協力し,メルセン条約で中部フランクの西半分を獲得し,今日のフランスの基礎を築いた。ルートウィヒ2世 (ロタール1世の長男) の死後,イタリアに入り,875年教皇ヨハネス8世から西ローマ帝国の帝冠を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルル2世(禿頭王)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルル2世(禿頭王)の関連情報

関連キーワード

カール[2世]カルル2世カール(2世)カール[2世]斉詮円載円載大江音人フォティオス元慶

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.