Rakuten infoseek

辞書

カルマンの有効幅式

法則の辞典

カルマンの有効幅式【Karman's formula of effective width】
矩形の平板が外力を受けて座屈した場合,座屈後の圧縮応力は板幅の支持端近接部のみで増加し,中央部ではほとんど変化しない.これを考慮して,周辺部に近い部分のみが一様な圧縮応力を負担するとして導いた座屈荷重 C を求める式である.

ここで t は板の厚さ,Eヤング率*,ν はポアッソン比*,σy は降伏点応力度を表す.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルマンの有効幅式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルマンの有効幅式の関連情報

他サービスで検索

「カルマンの有効幅式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.