Rakuten infoseek

辞書

カルピーニ

デジタル大辞泉

カルピーニ(Giovanni de Piano Carpini)
[1182ころ~1252]イタリアのフランシスコ会士。生地コルピニにちなんでの通称。ローマ法皇使節としてモンゴル帝国グユク=ハンに謁見。その旅行報告記「実事報告」で東洋の知識を西欧に伝えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カルピーニ【Giovanni de Piano Carpini】
?~1252) イタリアのフランシスコ修道会士。1245~47年教皇の使節としてモンゴル皇帝グユク=ハンに会い返書をもたらした。著「モンゴル見聞録」「タタール紀行」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カルピーニ
かるぴーに

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カルピーニ
(Giovanni de Piano Carpini ジョバンニ=デ=ピアノ━) イタリアのフランシスコ会修道士。蒙古(もうこ)の国情視察のため、教皇インノケンティウス四世の使節としてカラコルムに行き、見聞録を残した。(一一八二頃‐一二五二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルピーニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルピーニの関連情報

関連キーワード

寿永心の関解状宣陽門院伊東祐親恵信尼皇嘉門院小侍従集寿永修明門院

他サービスで検索

「カルピーニ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.