Rakuten infoseek

辞書

カルノーの原理【カルノーノゲンリ】

デジタル大辞泉

カルノー‐の‐げんり【カルノーの原理】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

カルノーの原理【Carnot's principle】
高温熱源の温度と,低温熱源の温度がそれぞれ同じで,その間で可逆的に作動している熱機関の効率は,すべて同じになる.すなわち,熱機関が可逆的に作動しているならば,その効率は用いた作動物質の性質や操作様式には依存しないということである.カルノーの定理*ともいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルノーの原理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルノーの原理の関連情報

他サービスで検索

「カルノーの原理」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.