Rakuten infoseek

辞書

カルシウム拮抗薬【カルシウムキッコウヤク】

デジタル大辞泉

カルシウム‐きっこうやく〔‐キツカウヤク〕【カルシウム×拮抗薬】
calcium antagonist狭心症心筋梗塞(こうそく)の治療薬。カルシウムチャネルに結合し、血管平滑筋へのカルシウムの流入を抑制して筋を弛緩(しかん)し、血管を拡張する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カルシウム拮抗薬
かるしうむきっこうやく
狭心症治療薬の一種。筋収縮には筋小胞体(筋細胞内の膜状構造)から放出されるカルシウムイオンが必要で、心筋や血管平滑筋では細胞外から流入するカルシウムイオンによって細胞内のカルシウムイオン濃度が変化し、収縮や弛緩(しかん)が左右される。したがって、この流入するカルシウムイオンを抑制すれば、筋細胞内の濃度が低下して心筋や血管平滑筋が弛緩する。この働きをする薬剤がカルシウム拮抗薬で、心筋の収縮を抑制することから、狭心症(とくに異型狭心症)発作の持続的予防薬あるいは治療薬として使われている。また、血圧降下剤としても使用される。市販品にニフェジピン、ニカルジピン、ジルチアゼム、ベラパミル、プレニラミンなどがある。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルシウム拮抗薬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルシウム拮抗薬の関連情報

関連キーワード

炭酸水素カルシウムリン酸水素カルシウムcalcuiteホパテン酸カルシウムCCD植物蛋白石硼酸塩ナオミ丸尾カルシウム白石カルシウム

他サービスで検索

「カルシウム拮抗薬」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.