Rakuten infoseek

辞書

カルカッソンヌ

デジタル大辞泉

カルカッソンヌ(Carcassonne)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

カルカッソンヌ
フランスでは「カルカッソンヌを見ずして死ぬな」という言葉があるほど有名な景勝地です。カルカッソンヌの丘の上の旧市街がこの街の見どころ「シテ CITE」。城や教会など現存する石造りの建物の数々に中世の雰囲気が感じられる美しい城塞都市です。ヨーロッパ最大ともいわれる二重の城壁は総延長3キロメートルあります。古いものは6世紀に西ゴート族が、新しいものは13世紀にフランス国王が造ったもの。争いがあるごとに増築され、シテは難攻不落の要塞と化していきました。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

カルカッソンヌ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルカッソンヌの関連情報

他サービスで検索

「カルカッソンヌ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.