Rakuten infoseek

辞書

カリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カリ
Cali
コロンビア西部,バイェデルカウカ州の州都。首都ボゴタの南西約 300km,アンデスの西部山脈と中部山脈を分けるカウカ川の上流部の支流カリ川に臨む。標高約 1000m。 1536年建設。同国で最も肥沃な農業地帯の一つであるカウカ谷にあるが,交通の便の悪い山間にあったため経済的な発展が遅れた。 20世紀に入って鉄道が通じてから発展し始め,特に 1950年代以降急速に人口が増加,ボゴタメデリンに次ぐ同国第3の都市に発展した。 1954年以来カウカ谷開発公社による総合開発計画の実施により,農業のほか商工業の開発も進展しているカウカ谷一帯の中心地で,コーヒーを中心にサトウキビ,綿花,豆類,牛肉などの産物の集散を行なうとともに,繊維,食品,製靴,製紙,医薬品,自転車,タイヤ,石鹸などの工業が発達し,同国有数の工業中心地となっている。市内にはバイェ大学 (1945) ,サンチアゴデカリ大学 (1958) をはじめとする高等教育機関,劇場,博物館などがあり,カウカ谷の文化中心地である。現在はまた交通の要地でもあり,幹線鉄道とパンアメリカン・ハイウェーが通り,同国太平洋岸の主要港ブエナベントゥラへ通じる鉄道,道路の分岐点となっている。国際空港もある。人口 140万 2983 (1985) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリ
Kali
ヒンドゥー教神話における世界の4期の一つ。カリ・ユガともいう。最後の最も悪い暗黒時代で,43万 2000年間続くとされる。末世時,争闘時と訳される。人類は前 3102年以来このカリ期にいるという。この時期には最良の時代に存在した正法 (ダルマ) の4分の3が消滅し,戦争,天災悪習,早死などの災禍が生じ,大火,大洪水が起り,ついには世界の崩壊が訪れる (→ユガ ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリ
日本音楽の用語。標準または通常の音より音高を上げること。「メリ」の反対。動詞としてはカルという。半音ほど高めることが多い。管楽器,特に尺八でよく用いる。を前に突き出して,歌口ととの間隔を広くすることによって行う。琴古流では,「メリでない」の意味で,通常の音をもカリと呼ぶことがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カリ(Kari)
土星の第45衛星。2006年にすばる望遠鏡で米国などの研究者が発見。名の由来北欧神話の巨人。非球形で平均直径は約7キロ。カーリ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリ(Cali)
コロンビア西部の工業都市。アンデス山脈中の盆地にある。織物香料自動車などの工業が盛ん。人口、都市圏219万(2008)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

カリ
NHKの子供向けテレビ番組『うごけぼくのえ』(1974年放映開始)に登場するキャラクターネズミ男の子

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カリ【Cali】
コロンビア西部のバジェ・デル・カウカ県の県都。人口171万8871(1995)。1536年S.ベナルカサルが,カウカ河谷の肥沃な山地部の標高1063mの地に創設した。かつては製糖業が主要な産業であったが,20世紀に入るとパナマ運河とブエナベントゥラへの鉄道の開通によってカウカ河谷の産業の中心として急速に成長した。1946年にはブエナベントゥラ港との間に産業道路が開設された。54年カウカ河谷開発公社が創設され,多くの外国資本の流入によって,伝統的な製糖,コーヒー,織物,皮革産業のほかに食品加工,金属機械,セメント,ゴム,製紙,石油化学アルミなどの大規模な産業が興っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カリ【Kali[ドイツ]】
炭酸カリウムK2CO3の俗称。加里と書くこともある。海藻灰(主成分はK2CO3)をあらわすアラビア語qāliに由来。カリ球,酒精加里などと呼ぶ場合のカリは水酸化カリウム(苛性カリ)を意味する。カリウムの略称として塩化カリ炭酸カリ,過マンガン酸カリのように呼ぶことがあるが,正しくは〇〇カリウムと呼ぶのがよい。19番元素カリウムKを含むことを示す意味で,カリガラス,カリ長石,カリミョウバン,カリ肥料,カリセッケンなどのように使われることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かり【カリ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

カリ
〘名〙 (kali Kali) カリウムの塩類を広くいう。カリ塩。「青酸カリ」「カリ肥料」 〔植学啓原(1833)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

カリ
カリ
potash

炭酸カリウムの俗称.海草灰(主成分K2CO3)を表すアラビア語kàliに由来する.元素カリウムの名もkàliに由来し,現在でもカリウムの略称として用いられることがある(カセイカリ,過マンガン酸カリなど).カリ明ばん石,カリ長石などではカリウムを成分として含むことを意味する.[CAS 584-08-7:炭酸カリウム]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.