Rakuten infoseek

辞書

カリマコス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カリマコス
Kallimachos
[生]前310頃.キュレネ
[没]前240頃
ギリシアの詩人,文献学者。アレクサンドリア時代の典型的な学者詩人で,著書は 800巻。図書館のカタログ編者として 120巻の文献史『目録』 Pinakesを編纂,これはギリシア最初の科学的文学史。長大な詩を大悪として小詩を主張,ロドスのアポロニオスと論争した。完全な形で現存するのは賛歌 6編とエピグラム 63編。代表作はエレゲイアによる『アイティア』 Aitia (4巻) 。ほかにイアンボス,弔詩,エピュリオン『ヘカレ』 Hekalē,アポロニオスをからかった『イビス』 Ibis,ローマのカツルスの翻案によって知られる頌詩『ベレニケの髪』 Coma Berenicesなど。彼の文芸理論は共和政末期から帝政初期のローマの詩人たちによって全面的に受入れられ,ラテン黄金文学の血肉と化した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリマコス
Kallimachos
[生]?
[没]前490
古代ギリシア,アテネのポレマルコス (軍事指揮官) 。前 490年マラトンの戦いの総司令官をつとめ,最終段階で戦死。彼の戦功はミルチアデスの陰に隠れているが,アテネのストア・ポイキレーの壁画に神々と英雄の間に彼の容姿が描かれており,また2つの短詩によって認められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カリマコス(Kallimachos)
[前310ころ~?]古代ギリシャの詩人。アレクサンドリア図書館司書として、「大目録」120巻を作成。詩論家としても活躍し、作「アイティア」などの断片が残っている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カリマコス【Kallimachos】
ヘレニズム文学を代表する文学的貢献をなした前3世紀アレクサンドリアの詩人,学者。生没年不詳。北アフリカのキュレネで生まれ,若くしてアレクサンドリアに移り住み,郊外エレウシスで教師生活を営み,後アレクサンドリア図書館に職を得,その間にそれまでにギリシア語でつづられたほとんどすべての文献を網羅して文学史的に整理した《大目録》を完成した。文学作品の規模と質をめぐる文芸学上の問題で,弟子のロドスアポロニオスと鋭く対立し,論争に敗れたアポロニオスはロドスに退いたと伝えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かりまこす【カリマコス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カリマコス【Kallimakhos】
古代ギリシャの詩人・学者。前三世紀に活躍。アレクサンドリアの図書館に職を得、それまでのギリシャ語文献を整理した「大目録」を完成。ヘレニズム文学を代表する詩論家として知られ、多数の著作中「アイティア(縁起詩集)」の断片、「賛歌」などが伝わる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カリマコス
かりまこす
Kallimachos
(前310ころ―?)
古代ギリシアの詩人、学者。アフリカのキレネの出身。アレクサンドリアの図書館の司書となり、プトレマイオス2世の恩顧を受けた。学者としては、ギリシアのあらゆる学問分野における優れた業績を整理分類し、これを120巻からなる目録にまとめ、劇詩人などの研究や数種類の辞典を著した。彼の詩は、賛歌、エレゲイア詩、イアンボス詩、小叙事詩、短詩(エピグラム)など広い領域にわたっていた。写本に伝わるのは賛歌と短詩のみであるが、そのほかに多数のパピルス断片が発見されている。
 代表作は各地の祭礼や習俗の縁起を歌った『アイティア』4巻(断片残存)。そこには技巧的な構成や変化に富む詩句、神話・歴史・地誌などの学問的考証がみられる。彼は磨かれた小品を重んじ、長大な叙事詩を痛烈に批判した。また文学理論をめぐり弟子のアポロニオスと論争したといわれる。ローマの詩人にも大きな影響を与えた。[岡 道男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カリマコス
(Kallimachos) 古代ギリシアの学者、詩人。アレクサンドリアの図書館の整備に尽くし、最初の本格的な文学史ともいうべき「ピケナス(目録)」一二〇巻を著わす。詩に「ヘカレー」「賛歌」。(前三〇五頃‐前二四〇頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリマコス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カリマコスの関連情報

関連キーワード

コンスタンティヌス(大帝)議決権劉淵コンスタンティヌス[1世]マクシミアヌスマクシミヌス・ダイア劉淵劉淵エウセビウスオゾン層

他サービスで検索

「カリマコス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.