Rakuten infoseek

辞書

カリアティード

デジタル大辞泉

カリアティード(〈フランス〉caryatide)
古代ギリシャの神殿建築で、円柱の代わりに梁(はり)を支える役目をする女性立像。→アトランテス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カリアティード【caryatid】
西洋建築の人像柱の総称。語源はギリシア語のkaryatidesで,カリュアイの女司祭の意。同地がペルシア方にくみしたため彼女たちはギリシア方の奴隷となり,永久に重い罪の償いを背負った故事(ウィトルウィウス)から,建築用語として,エンタブラチュアを支える大理石女人像(コレー)の柱をいう。アトラス【福部 信敏】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カリアティード【caryatid】
女像柱。古代ギリシャの建築などで、梁を支える柱の代わりに用いられる着衣の女性像。 → アトランテス

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カリアティード
かりあてぃーど
caryatid
女像柱。建築の梁(はり)を支える円柱のかわりに女人像を用いた柱。ギリシア語ではカリアティデスkaryatidesで、アトランテス(男像柱)の対語。古代の文献によれば、ペルシア戦争の際にペロポネソス半島のカリュアイという町がペルシア方に味方したため、戦後その罰としてカリュアイの女たちを奴隷とし、生涯重荷を担ぐ苦役を科し、そのことを後世に伝えるために公共建造物にその像を用いたと伝えている。しかし実際には、このような女像柱はペルシア戦争の時代よりはるかに以前から用いられており、古い作例にデルフォイのシフノス人の宝庫(前6世紀中ごろ)の2体の女像柱がある。アテネのアクロポリスにあるエレクテイオンの6体がもっともよく知られている。[前田正明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カリアティード
〘名〙 (caryatid) 古代ギリシア神殿の支柱として用いられた女性彫像。カリアティーディス。〔新らしい言葉の字引(1918)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリアティード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カリアティードの関連情報

他サービスで検索

「カリアティード」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.