Rakuten infoseek

辞書

カラーフィルム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カラーフィルム
colour film
カラー写真を撮影,製作するフィルムで,現在普及している発色現像による多層式カラーフィルムは,1935年イーストマン・コダック社が発表したコダクローム・フィルムから始る。撮影用カラーフィルムはベースの最下層から上方にハレーション防止,赤感性シアン発色乳剤,緑感性マゼンタ発色乳剤,黄色フィルタ,青感性黄色発色乳剤,保護膜などの層が重ねて塗布されており,多いものでは 15層にもなっている。全層の厚さは,黒白フィルムと大差のない 13~25μmで,各乳剤の塗布に,厚さ5%の誤差があっても色調のバランスはくずれる。発色現像で,銀画像とともに被写体に対応する色素画像をつくり,続く漂白,定着によって銀画像は除かれる。カラーリバーサルフィルムカラーネガフィルムがあり,前者は透明陽画用で,撮影光に適するデーライトタイプ,タングステンタイプ,また発色剤 (カプラー) を乳剤中に入れる内式と,現像液中に添加する外式がある。カラーネガはカラー印画紙と同じくすべて内式である。フィルムサイズは黒白フィルムと同様の各種がある。撮影用カラーフィルム以外に,プリント用のカラーポジフィルムもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カラー‐フィルム(color film)
被写体の色彩を再現できる写真用フィルム。青緑・緑・赤の3色に発色する3層の感光乳剤が塗布してあり、その合成で天然に近い色感を出す方式が普通。そのままの色に写るカラーリバーサルフィルムと、補色に写るカラーネガフィルムとがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カラーフィルム【color film】
被写体の色と明暗の調子を記録する感光フィルムで,ふつう発色現像方式による多層構成の減色法カラーフィルムが用いられている。カラーフィルムには,ネガ像が得られるカラーネガフィルムと,直接ポジ像が得られるカラー反転フィルムとがある。カラーネガフィルムでは,被写体と明暗が逆で補色となっている色彩像が得られるので,これをカラーペーパーあるいはカラーポジフィルム(主として映画用)に焼付け反転して,被写体と同じ色で同じ明暗の調子をもつポジ像を再現する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カラーフィルム【color film】
自然の色彩を写すことのできる写真用のフィルム。三層の感光層があり、一度に露光して発色させる。陽画の得られるリバーサルフィルムと陰画用のネガフィルムがある。
天然色映画。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カラーフィルム
からーふぃるむ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カラー‐フィルム
〘名〙 (colour film) 被写体の色に対応した色の発色する写真フィルム。被写体の色そのままに写るポジフィルムと、補色に写るネガフィルムとがある。天然色フィルム。〔モダン用語辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラーフィルム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カラーフィルムの関連情報

他サービスで検索

「カラーフィルム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.