Rakuten infoseek

辞書

カラクール

大辞林 第三版

カラクール【karakul】
ヒツジの一品種。中央アジア原産。子ヒツジは黒い巻き毛をもち、その毛皮はアストラカンと呼ばれ珍重される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カラクール
からくーる
Karakul
哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。家畜ヒツジの毛皮用品種。ロシア南部、カザフスタン、ウズベキスタン、アフガニスタン北部など中央アジアに多く飼育され、毛は灰色で粗くじゅうたんの原料となる。生後すぐの子羊は黒い光沢のある巻き毛をもち、毛皮はアストラカンAstrakhanとして珍重される。[西田恂子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラクール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カラクールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.