Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

カメ類【カメるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カメ類
カメるい
Chelonia; turtle; tortoise
爬虫綱カメ目に属する動物の総称。大きな特徴は背甲腹甲とから成る箱状の甲羅をもつことと,頭頸部をの間に隠すことができる (2次的にこの能力を失ったものもある) ことである。多くは池や川にすみ,両生生活をするが,完全な陸生のもの (リクガメなど) や海にすむもの (ウミガメ) もある。いずれも地中に卵を産む。ムカシガメ亜目 Amphichelydia,ヘビクビガメ亜目 Pleurodira,カメ亜目 Cryptodiraの3亜目に分けられ,現生種の約 80%はカメ亜目に含まれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメ類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カメ類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.