Rakuten infoseek

辞書

カメルーン山【カメルーンさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カメルーン山
カメルーンさん
Mont Cameroun
カメルーン南西部,ボニー湾にのぞむ孤立峰の火山標高 4070m。西部アフリカの最高峰。コニーデ型の,西部アフリカ唯一の活火山で,1909,22,54,59年に噴火記録がある。山麓付近は世界でも有数の多雨地帯で,年降水量1万 mmをこえ,熱帯雨林繁茂。南東部一帯にはアブラヤシ,ゴムのプランテーションがある。 1861年イギリス人 R.バートンが初登頂。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カメルーン‐さん【カメルーン山】
Mount Cameroon》カメルーン南西部、ギニア湾沿いにある活火山。同国最高峰(標高4095メートル)。玄武岩質の成層火山で、紀元前より十数回の噴火が記録されている。1922年には溶岩流大西洋まで達し、1999年には山腹プランテーションが大きな被害を受けた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カメルーン山
かめるーんさん
Mount Cameroon
アフリカ中西部、カメルーン西端のギニア湾沿いにそびえる孤峰の活火山。粗面玄武岩などからなる成層火山で、同国の最高峰(4095メートル)である。紀元前5世紀から、近くは2000年まで十数回の噴火記録があり、しばしば溶岩流も発生した。とくに1999年の噴火は、標高1400メートルの中腹からの割れ目噴火で、大量の溶岩が時速7~15メートルの速さで火口から6~7キロメートルまで流下し、バナナなどのプランテーションに大きな被害を与えた。また同じカメルーン火山列にあるニオス湖Lake Nyosでは、1986年に突然大量の二酸化炭素が噴出し、1746名の死者を出した。大部分が熱帯降雨林に覆われ、風上側の南西山麓(さんろく)では年降水量が約1万ミリメートルである。山腹の農園ではココア、ゴム、アブラヤシなどを栽培する。山頂部は雪を頂くこともある。[諏訪 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カメルーン‐さん【カメルーン山】
カメルーン共和国南西部の火山。ギニア湾に近く西アフリカ最高。標高四〇九五メートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメルーン山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カメルーン山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.