Rakuten infoseek

辞書

カプリ島【カプリとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カプリ島
カプリとう
Isola di Capri
イタリア南部,カンパーニア州ナポリ県の小島ナポリ湾口,ソレント半島の西方沖にある。石灰岩凝灰岩からなり,周囲は高い断崖をなして海に臨んでいる。北岸の海食洞グロッタアッズラ(イタリア語で「青の洞窟」)は光線の具合で洞窟内がみごとな青色に輝くことで有名。有史以前から人が住み古代ギリシアの植民地となり,ローマ時代には保養地として知られた(→カプレアエ)。今日でも温暖な気候と風光美に恵まれた世界的な観光地。主要な町はカプリアナカプリ,主要港はマリーナグランデ。柑橘類,オリーブ油,白ワインを産する。古代ローマ皇帝アウグスツスチベリウス別荘跡がある。面積 10.4km2。人口 7045(1991推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カプリ‐とう〔‐タウ〕【カプリ島】
Capri》イタリア南部、ナポリ湾の南にある島。観光地。グロッタアッズーラの洞窟(どうくつ))とよばれる海岸鍾乳洞(しょうにゅうどう)がある。→青の洞窟

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カプリとう【カプリ島】
Capri イタリア、ナポリ湾沖合にある小島。著名な観光・保養地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カプリ島
かぷりとう
Capri
イタリア南部、ナポリ湾の南、ソレント半島から5キロメートルのティレニア海上にある山がちの島。長さ6.25キロメートル、幅2.75キロメートル、周囲17キロメートル、面積10.36平方キロメートル。東に人口7058のカプリ、西に人口5844のアナカプリと、二つの町がある(2001国勢調査速報値)。島の最高峰はソラーロ山(589メートル)。温暖な気候、景色のすばらしさ、グロッタ・アッズーラ(青い洞窟(どうくつ))をはじめとする多くの海食洞などによって、国際的観光地として有名である。すでに旧石器時代に定住者があったことが認められている。また、土地は肥沃(ひよく)で、花、ブドウ、オリーブなどが栽培される。[堺 憲一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カプリ‐とう ‥タウ【カプリ島】
(カプリはCapri) イタリア南部、ナポリ湾の南にある小島。観光保養地として有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カプリ島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カプリ島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.