Rakuten infoseek

辞書

カバレッジ

デジタル大辞泉

カバレッジ(coverage)
《「カバレージ」とも。適用範囲・保証範囲の意》
テレビ・ラジオの受信可能な範囲。
新聞・雑誌の購読者数。
ソフトウエア開発の最終的な検証段階における、テストが行われる範囲。またはその網羅率。全プログラム中のある部分を実行してエラーの有無を調べ、命令分岐についての検証を行う。このためにテストカバレッジツールとよばれる専用のソフトウエアを利用する。テストカバレッジ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Wisdomビジネス用語辞典

カバレッジ
どのような範囲で、どの程度詳しくテストが行われたかを示す指標。たとえば、プログラムのテストでは「コード・カバレッジ」という指標が使われ、コードの命令や分岐がどのくらいテスト中に網羅されたかが示される。このコード・カバレッジはLSI開発でも使われ、設計データを検証するために用意されたシミュレーション・パターンやテスト・ベンチが実際に実行されたかどうかを示す指標となる。

出典:「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
「Wisdom」とは、NECが運営するビジネス情報サイトです。Copyright NEC Corporation All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カバレッジ【coverage】
あることが及ぶ範囲。あることが適用される範囲。
広告の訴求範囲。放送局のサービスエリアや新聞・雑誌の購読者数など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カバレッジ
〘名〙 (coverage)
① テレビ局・ラジオ局の電波が届き、視聴が可能な範囲。サービスエリア
※マイクのたわごと(1955)〈平井常次郎〉カラー・テレビへの開眼「全国の七五%がカヴァレッジ・エリア Coverage Area (可視区域)となるでしょう」
新聞雑誌の普及率。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カバレッジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カバレッジの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.