Rakuten infoseek

辞書

カネミ油症【カネミゆしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カネミ油症
カネミゆしょう
1968年6月頃から福岡県を中心に西日本で多発した PCB中毒症。全身の発疹や発熱,顔面浮腫などを中心とする症状が続き,死亡者が出て,油症新生児 (黒い赤ちゃん) も多数生れた。製造工程で PCB食用油に混入したことによる食品公害病と判明したため,被害者団体が訴訟を起し,製油会社のカネミ倉庫と PCB製造元の鐘淵化学工業に勝訴した。この事件以後,政府は PCBを特定化学物質に指定し,使用制限などの措置をとった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

カネミ油症
1968年に北九州を中心とした西日本で起きた、カネミ倉庫(本社・北九州市)が製造・販売した食用油(米ぬか油)による国内最大級の食品公害事件。クロルアクネ(塩素ざそう)、色素沈着、手足のしびれ、脱力感、頭痛、嘔吐、食欲減退、心臓疾患、肝臓障害、腎臓障害など、全身にわたる症状から「病気のデパート」と言われた。肌の黒い赤ちゃんも生まれ、1万4000人以上の被害者が届け出た。当初、原因は、食用油の製造工程で熱媒体に使用されていたポリ塩化ビフェニール(PCB)が食用油に混入したためとされていたが、2001年、PCBに含まれていたダイオキシン類が原因物質であることを厚生労働省が認めた。患者の認定基準が皮膚症状中心だったため、認定された患者数は約1900人にすぎなかった。原因物質の判明により認定基準が見直されたが、被害者救済は今なお不十分なままである。被害者が、損害賠償訴訟を起こし国の責任が認められたため、受け取った仮払金の返還を国が求めており、被害者は健康被害に加えて、経済的にも苦しめられていたが、2007年6月に仮払金返還債権免除特例法が成立した。
(畑明郎 大阪市立大学大学院経営学研究科教授 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

カネミ油症
1968年、カネミ倉庫製の米ぬか油を食べた人が黒い吹き出物などの皮膚症状や内臓疾患を発症。翌年までに約1万4千人が被害を届け出た。 油の製造過程で混入したPCBや、PCBが加熱されてできるダイオキシン類が原因。国内最大の食品公害で、ダイオキシン類による初の食中毒事件とされる。認定患者は2322人(2017年度末時点、故人含む)で福岡県や長崎県に多い。
(2018-10-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

かねみ‐ゆしょう〔‐ユシヤウ〕【カネミ油症】
油症

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

カネミ油症
 コメ油製造の過程で熱媒体であったポリ塩素化ビフェニルパイプの穴からもれて油を汚染し,その油を食べた者が示した症状.死者も出た.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かねみゆしょう【カネミ油症】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カネミゆしょう【カネミ油症】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カネミ油症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カネミ油症の関連情報

関連キーワード

新藤兼人シーゲル[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門秋山清高松次郎トリュフォー深作欣二プロヴォークベルイマン(Ingmar Bergman)

他サービスで検索

「カネミ油症」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.