Rakuten infoseek

辞書

カナカ族【カナカぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カナカ族
カナカぞく
Kanaka
元来はポリネシア語で「人」を意味し,広くは太平洋諸島の住民一般をさして用いられた俗称。第2次世界大戦前,日本統治下のミクロネシアでは,マリアナ諸島民を主としてチャモロ族と称したのに対し,マーシャル,カロリン両諸島の住民を一括してカナカ族といった。マリアナ諸島の人々は,スペイン人フィリピン人などと早くから混血し,文化的にも社会的にも西欧化が進んでいたのに比べ,これらの地方ではそれまでの伝統的生活を守っていたため,差別的用語として用いられたのである。しかし実際には,文化的,社会的に多様な人々が含まれており,学術上の用語としても使われていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カナカぞく【カナカ族 Kanaka】
カナカは,ポリネシア語で〈人〉あるいは〈男〉を意味するタガタを語源とする。ハワイ語では音韻変化により,tがkとなるため,これがカナカとなる。しばしば太平洋の島々の住民をこの名でよぶことがあるが,あくまでも俗称であり,特定の島の住民やグループを指すものではない。【青柳 真智子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カナカ族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カナカ族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.