Rakuten infoseek

辞書

カナイマ国立公園【カナイマこくりつこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カナイマ国立公園
カナイマこくりつこうえん
Canaima National Park
ベネズエラ東部にある国立公園。 1962年設定。面積3万 km2。熱帯雨林が大部分を占めるが,サバナなどもみられる。バク,イノシシ,ナマケモノ,アルマジロ,ワニ,ワシ,オウムなど動物も豊富。落差 979mのエンジェル滝が有名。 1994年世界遺産の自然遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カナイマ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【カナイマ国立公園】
Parque Nacional Canaima》ベネズエラ東部、ギアナ高地の中心部にある国立公園。総面積約3万平方キロメートル。テプイとよばれる標高差1000メートルにもおよぶテーブル状の山々が多数散在し、世界最大の落差をもつアンヘル滝がある。切り立った断崖で囲まれたテプイには、それぞれ原始的な特徴をもつ固有の動植物が独自の生態系を形成している。1994年、世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解

カナイマこくりつこうえん【カナイマ国立公園】
1994年に登録された世界遺産(自然遺産)で、ベネズエラ南東部のギアナ高地に位置し、1962年には国立公園に指定された。いまだに人跡未踏の場所が点在する、世界最後の秘境といわれる。岩は古い地層のロライマ層で、およそ17億年前に形成された地殻が隆起して浸食された、テーブルマウンテンが100以上も存在する。カラオ川の上流には、先住民が「悪魔の山」と恐れたアウヤン・テプイ山と呼ばれるテーブルマウンテンがあり、そこから落差が979mもある「アンヘル滝(エンジェル滝)」が流れ落ちている。3万km2にも及ぶサバンナ、熱帯雨林、垂直に切り立った絶壁などがあり、独自の進化を遂げた4000種以上の植物、ジャガーやベニコンゴウインコ、オオハシ、ヤマアラシ、ヤマネコなどの希少な動物が生息することから、世界遺産に登録された。◇英名はCanaima National Park

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カナイマ国立公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カナイマ国立公園の関連情報

関連キーワード

新藤兼人森一生川島雄三コーマントリュフォーグレツキ埼玉西武ライオンズ野村芳太郎バディム久松静児

他サービスで検索

「カナイマ国立公園」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.