Rakuten infoseek

辞書

カッティング

デジタル大辞泉

カッティング(cutting)
[名](スル)《カットすることの意》
映画・テレビで、撮影フィルムなどを切りつないで編集すること。
洋裁で、ある形に合わせて布地を裁断すること。
テニス・卓球などで、逆回転を与えるようにボールを打つこと。カット。
髪を切って形を整えること。
謄写版原紙鉄筆で文字などを書き込むこと。
レコード盤に音溝をつけること。
CD・DVD・ブルーレイディスクなどの光ディスクの原盤を作成する際、レーザー光でディスク表面に信号を記録するための凹凸を刻むこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

カッティング
 肉を切断することで,チョップドミート原料とする製品の製造で重要な工程

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カッティング【cutting】
スル
切ることの意
フィルムや録音テープなどの不要の箇所を切り取って編集すること。
洋裁で、裁断。
謄写版印刷で、やすり板の上に原紙を置き、鉄筆で文字などを書くこと。
レコード盤に音溝をつけること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カッティング
〘名〙 (cutting)
① 一部を切ること。
(イ) 切り取ったり、削り取ったりすること。また、切り取られたもの。〔外来語辞典(1914)〕
(ロ) 洋裁で、生地を型紙に合わせて切ること。裁断。
※浮世酒場(1936)〈獅子文六〉三「裾長袖長の不思議なカッチング」
② 髪の毛を切って整えること。
※人生漫画帖(1932)〈大日本雄弁会講談社編〉現代病診断・坊主「尖端的な、あまりに尖端的な、親子三人揃つて同型の断髪(カッチング)
③ スポーツなどの用語。切るような動作をいう。
(イ) テニス、卓球、ゴルフなどで、球を斜めに切るように打つこと。カット。
(ロ) フェンシングのサーブルで、相手の剣を切るように払って切り込むこと。
(ハ) ダンスで、ジャンプしたとき、片方の足を他の足に、切るように打ちつけること。
④ 映画で、撮影したフィルムを編集すること。〔アルス新語辞典(1930)〕
⑤ レコード盤に、カッティングマシンで音溝をつけること。
⑥ 謄写版の原紙をやすりの上におき、鉄筆で文字等を刻みこむこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カッティング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カッティングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.