Rakuten infoseek

辞書

カタストロフィズム【かたすとろふぃずむ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カタストロフィズム
かたすとろふぃずむ
catastrophism
地球上の生物群はカタストロフ的な大変動による絶滅、発生の繰り返しによって変遷してきたとする説。19世紀初頭キュビエが提唱。天変地異説ともいう。化石はノアの洪水でおぼれた生物の遺骸(いがい)であるとする前世紀の洪水説とは異なり、地殻変動に激変の原因を求めた。この考えは拡張され、生物界の変遷だけでなく、造山運動などの地質現象も短時間に急激におこったとされた。しかし現在ではこの説はほとんど受け入れられていない。ハットンやライエルによって唱えられた斉一(せいいつ)説、すなわち「現在は過去の鍵(かぎ)である」という概念に反対するものである。[岩松 暉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カタストロフィズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カタストロフィズムの関連情報

他サービスで検索

「カタストロフィズム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.