Rakuten infoseek

辞書

カザン-クレムリンの歴史遺産群と建築物群【カザンクレムリンのれきしいさんぐんとけんちくぶつぐん】

世界遺産詳解

カザンクレムリンのれきしいさんぐんとけんちくぶつぐん【カザン-クレムリンの歴史遺産群と建築物群】
2000年に登録された世界遺産(文化遺産)。ロシアのタタールスタン共和国の首都カザン市に位置する。ここは10~16世紀のクレムリン(城塞)の上に新たに建設された城塞都市で、16~19世紀の建造物を中心とした歴史的な遺構が数多く残されている。カザンは、15~16世紀にかけてヴォルガ川中流域を支配したイスラム王朝のカザン・ハン国の首都として栄えた町である。カザン・ハン国は1552年、モスクワ公国のイワン4世(雷帝、1530~1584年)に征服され、この城塞都市は破壊された。その後、城塞跡に新たなクレムリンが造営され、17世紀に入ってピョートル大帝(ロシア帝国初代皇帝)の改革により、ほぼ現在のカザン・クレムリンの原形ができあがった。ロシア正教会のブラゴヴェシェンスキー大聖堂は、カザン・クレムリンの建築では最古とされる、1554~1562年にかけての建造物である。スュユンビケ塔は6層58mの斜塔で、ピョートル大帝の時代の建物といわれている。スパスカヤ(救世主)塔は16~17世紀の遺構である。◇英名はHistoric and Architectural Complex of the Kazan Kremlin

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カザン-クレムリンの歴史遺産群と建築物群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カザン-クレムリンの歴史遺産群と建築物群の関連情報

関連キーワード

星図自動車電話よしもとばなな奈良美智2000年問題プーチン山梨(県)シャキール オニール2000年問題青木淳

他サービスで検索

「カザン-クレムリンの歴史遺産群と建築物群」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.