Rakuten infoseek

辞書

カサンドロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カサンドロス
Kassandros
[生]前358頃
[没]前297
マケドニア王 (在位前 305~297) 。カッサンドロスとも表記される。アンチパトロスの子。アレクサンドロス3世 (大王) の「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人。マケドニア摂政であった父が死んだあと,新摂政ポリュペルコンを認めず,アンチゴノス1世の力をかりて,マケドニアとアテネを含むギリシアの大部分を掌握。次いでプトレマイオス1世ソテルセレウコス1世リュシマコスらと結んでアンチゴノスに対抗,前 301年のイプソスの戦いでアンチゴノスを破り,マケドニアの支配を確保した。また大王の遺児アレクサンドロス4世,その母ロクサネを殺し,大王の家を断絶させた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カサンドロス(Kassandros)
[前358ころ~前297]マケドニアの王。アンティパトロスの子。アレクサンドロス大王死後、その一族を殺して王となり、マケドニアとギリシャ大半領土とした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カサンドロス
かさんどろす

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カサンドロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カサンドロスの関連情報

関連キーワード

荒神谷遺跡アレクサンドロス[フェライ]ピュロスピュロス市原(市)ピロス(古代ギリシアのエペイロスの王)島根の青銅器遺跡地帯看護師不足でベッド削減住民検診記録の共同調査

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.