Rakuten infoseek

辞書

カイヨア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カイヨア
Caillois, Roger
[生]1913.3.3. ランス
[没]1978.12.21. パリ
フランスの批評家,社会学者。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) 卒業後,G.バタイユ,クロソウスキーらとともに「社会科学研究会」を組織して批評活動に入った。文学,美学などを中心としながらも,神学に関する著作も発表するなど,活動領域はきわめて広範囲に及んでいる。文学批評では古典主義とヒューマニズムに立脚し,文学の責任を鋭く問うている。また『ディオゲネス』 Diogène誌の編集,ラテンアメリカ文学を紹介した『南十字星』 Croix du Sud叢書の編纂などでも著名。幻想文学の再評価でも知られる。主著神話と人間』 Le Mythe et l'homme (1938) ,『人間と聖なるもの』L'Homme et le sacré (39) ,『バベルBabel (48) ,『サン=ジョン・ペルスの詩法』 Poétique de Saint-John Perse (54) ,『遊びと人間』 Les Jeux et les hommes (57) 。アカデミー・フランセーズ会員 (71) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カイヨア【Roger Caillois】
1913‐78
フランスの批評家,思想家。ランスに生まれ,青年期をパリに送って文法学と宗教学を修得。一時ブルトンに誘われてシュルレアリスムに身を寄せたが,その非科学性にあきれ,〈超現実〉よりも〈聖現実〉を選ぶことを決意,ただちにG.バタイユ,レリスらと組んで社会学研究会Collège de sociologieを結成した(1938)。同年,カマキリを観察対象とした《神話と人間》でいよいよ〈聖〉の解明に乗り出したカイヨアは,その後も祭りの形態,動物の本能,夢の世界などを通して幻想の根拠をつきとめる努力をつづけ,ついに〈聖〉の中心に旋回してやまない〈遊〉の観念着目不朽の《遊びと人間》(1958)と《戦争論》(1963)を著した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カイヨア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カイヨアの関連情報

関連キーワード

牧野省三賄賂罪請託アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世アッタロス朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.