Rakuten infoseek

辞書

カイエ・デュ・シネマ【かいえでゅしねま】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カイエ・デュ・シネマ
かいえでゅしねま
Cahiers du Cinma
フランスの映画批評誌。『ラ・ルビュ・デュ・シネマ』誌が1949年に廃刊になったあとを受けて、アンドレ・バザン、ジャック・ドニオル・バルクローズJacques Doniol-Valcroze(1920―1989)、ジョゼフ・マリー・ロ・デュカJoseph-Marie Lo Duca(1910―2004)を中心に1951年に創刊された。エリック・ロメール、ジャック・リベットJacques Rivette(1928―2016)、ジャン・リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォー、クロード・シャブロルら若い同人が参加し、1950年代なかば以降は「作家主義」の戦略によって挑発的な映画批評を展開した。1950年代末には監督としてデビューする同人も多く、彼らはヌーベル・バーグとよばれた。1968年の5月革命から1970年代にかけての「異議申し立て」の時代には、カイエのライバルで、同じく戦闘的な『シネティック』誌と並んで、唯物史観と精神分析学に基づいたイデオロギー論争を展開した。時代とともに、また編集長の交代によって方向性は変化しているが、現在でも活気に満ちた映画批評誌として存続している。[伊津野知多]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイエ・デュ・シネマ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カイエ・デュ・シネマの関連情報

他サービスで検索

「カイエ・デュ・シネマ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.