Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

オームの法則【オームのほうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オームの法則
オームのほうそく
Ohm's law
一様な導線を流れる電流の強さ I と導線の両端の電位差 V とは比例し,VRI の関係にある。この関係をオームの法則という。 1827年 G.S.オームにより見出された。比例定数 R電気抵抗といい,太さの一定な一様の導線では,導線の長さ l に比例し,断面積 S に反比例する。すなわち R=ρ(l/S) で,ρ は導線の材質によって異なる物質固有の定数で抵抗率または比抵抗と呼ばれ,導線の太さおよび長さによらない定数である。その逆数 σ=1/ρ を電気伝導率または導電率という。また導線の形によらない微分形のオームの法則がある。すなわち電気伝導率 σ が一様な微小部分導体において,電流密度 i ,電場を E とすると,i=σE が成立する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オーム‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【オームの法則】
導体を流れる電流の強さは、導体両端電位差に比例し、電気抵抗に反比例するという法則。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オームのほうそく【オームの法則 Ohm’s law】
導体中の電場と電流の関係を表す法則。針金の両端に電圧(電位差)をかけると,針金には電圧に比例する電流が流れる。すなわち電流Iと電圧Vの間にはIV/Rの関係がある。これをオームの法則という。ここでRはその針金に固有の定数で,電気抵抗あるいは単に抵抗と呼ばれる。1826年にG.S.オームは熱伝導との類推から上の関係を推測し,実験によりRが電圧によらないことを確かめた。電気抵抗Rの値は針金の長さlに比例し断面積Sに反比例する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オームのほうそく【オームの法則】
一定の導体に流れる電流は電圧に比例し、抵抗に反比例するという法則。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オームの法則
おーむのほうそく
Ohm's law
電線、電気抵抗などを流れる電流Iとその端子間の電圧Vとの間に比例関係が成り立つという法則。オームが1826年に発見した電磁気学の基本法則の一つ。図Aにおいて、電流Iが抵抗RをAからBに向かって流れると、端子AB間に電圧Vが生じ、それは端子Aの側で正、Bの側で負となる。電圧V、抵抗R、電流Iの間には次の関係が成り立つ。
  (電圧V)=(抵抗R)×(電流I
抵抗Rは、電気の流れにくさを表す。ここで、抵抗の値は電流が流れる向きに無関係である。図Bのように二つの抵抗R1R2を直列または並列に接続したときの合成抵抗Rは、それぞれ次の式で与えられる。

 物質の抵抗値は物質固有のものである。物質固有の抵抗は1辺1メートルの立方体の相対する面の間に一様な電流を流すときの抵抗値をもって表す。これを比抵抗という。交流回路ではコイル(インダクタンス)、コンデンサーについてもオームの法則と似た関係が成り立つ。抵抗値に相当する量をインピーダンスとよぶ。抵抗R、インダクタンスL、コンデンサーCのインピーダンスZはそれぞれ

と表される。fは交流の周波数である。ダイオード、トランジスタなどでは、オームの法則は成り立たない。これらを非線形素子とよび、それに対して、抵抗、インダクタンス、コンデンサーなどを線形素子とよぶことがある。[山口重雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オーム の 法則(ほうそく)
電流に関する基本法則の一つ。一八二六年、ドイツ人オームが発見。導線に流れる電流の強さは、導線の両端の電位差に比例し、抵抗に反比例するという法則。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オームの法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オームの法則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.